初赤羽

皆様、こんにちは。こんばんは。やはり、稲フェスレポートはアップできませんでした!久しぶりに筆ペンで絵を描いておりますが意外と絵にするネタが無い…というか意外と苦労します。頑張って来週中アップします…ので気長にお待ちくださいませ。代わりに、以前もブログでお伝えして欲しいと思っていたレッドウイングのブーツを買いましたのでそのご報告をいたします。黒のスーパーソールでプリント羽タグです。縫製や革の質感から80年代くらいかなぁ?と思います。タンの刻印は読み取り辛いのでわかりません。画像にも収めておりますが、踵の部分の黒塗装が剥がれて茶色の部分が出てきております。「茶芯」と呼ばれる所以の黒革でございます。地元の大型リサイクルショップで販売されており他の新しい黒・スーパーソールのブーツと比較しましたが年代が異なる為か?革質が全く異なっておりました。新しい黒革は艶が無いのです。このブーツの年代の革質(銀面)の方が良い気がします。問題点は、ソールの踵が随分と削れております。更に100円ショップで売っているような茶色い靴紐が取り付けられておりました…即、取り外しました!そんな理由もあったのか、販売価格は6000円でした。ソールは補修剤を買ったので今度直してみます。まぁ…最悪、スーパーソールのソール張替えという荒業もございますが当分必要が無いと思います。サイズは文句が全くないジャストサイズです。インソール部分は妙にキレイです。画像はありませんが(その内サイトにアップしますが)インソールはリペアされているのでしょうか?…

続きを読む