オマケに惹かれず2

皆様、こんにちは。こんばんは。本日から12月ですね…そろそろ本気で夏物ウエアを完全に収納したいですし、いいかげん、冬モノウエアを完全に出したいところです。基本的に何もしておらず着たいモノを引っ張り出している現状です。さて、本日は昨日の若干続きになりますが本屋さんに行って来ました。ライトニング別冊のジーンズ本がどのような内容か立ち読みしてみたかったのです。が、オマケのペンが付属するためにネット状のゴムバンドが雑誌に巻きつけてあり中身を見る事が出来ません!まぁ…オマケの盗難防止でしょうが内容が分からないから買わない…という本屋さんにとっては微妙な結末となりました。そこそこ平積みされていました。しかし、僕が一番気になった本は最近発売されたと思われるデイトナブロスの別冊本でした!それもオマケ付きだったのですがその内容が「栃木レザー」の革紐が付属していて自作ウォレットロープが編み込める…という1冊だったのです!!「すごいなぁ…」と思ったのですが本1冊の値段が約1700円。オマケの箱が入っていたので随分厚みがありましたが雑誌紙面自体は薄かったのです。ウォレットロープを自分で編みこんでみたい…とか、革紐を自分で切り出すのが面倒…とか、レザークラフト道具を一切所持していない…とか、そういう要望のある方は購入してもよろしいかと思いますが正直、結構割高です。1500円出すと結構な量の革を買う事が出来ます。その気になったら、それこそ「栃木レザー」でショートウォレットを作れる位の量の革を買う事も出来ます。ちょっぴり悩ん…

続きを読む