解れ

皆様、こんにちは。こんばんは。多少ですが衣装ケースから冬物を引っ張り出し今更7分袖等を収納したのですがヴィンテージ(70年代ですけど)のサーマルロンTが出てきて「あぁ…あったなぁ…」と軽く驚きました。結構、サーマル所持しているなぁ…と再認識しました。さて、本日も普通のブログ更新ですがちょっと前から自作ウォレットのステッチが解けてきたのでした。丁度、スライドマチ側の側面部分なのですがスライドマチが不要になるくらいに札入れ部分がステッチ解れ部分から開いてしまいます。まぁ…昨日お伝えした「GT5」の監督モードで雇いドライバーに勝手にレースをさせてその最中にでも縫い直したいと思います。プレイした事の無い方の為に説明しますと自分で走る「Aスペックモード」とCPUに任せる「Bスペックモード(監督モード)」があります。良いマシンに乗せていればアホでも勝てる筈なのですがCPU(雇いドライバー)はもっとアホでインディーカーのレースの最終周、メインストレートを駆け抜ければ1位でゴールするのにタイヤが減ったからと勝手に判断して強引にピットインして、その間に最下位まで転落したのです…普通、絶対レースでそんな事はありえないのですがリアルなゲーム再現しておきながらCPUが猛烈にアホなのでコントローラーを叩きつけたのです。しかも、同じ事(最終周ピットイン)を3回もやりましたから…どうしようもございません。ちなみに予防策としてピットイン回避の指示を送るしかないのですが唐突過ぎて指示を送る前にピットインしてしまうのでそれ以降、そ…

続きを読む