コアファイター EVOLVEロゴ風塗装

皆様、こんにちは。こんばんは。 今朝は自宅裏の松林の掃除に出かけました。 明日の筋肉痛が怖いです… さて、ガンプラ投稿SNS「GUNSTA」にて 本日から「連邦VSジオン フェス」が開始となりました。 簡単に説明いたしますと 製作したガンプラの所属する軍に分かれて 個人では無くチームで「いいね」の数を競うというチーム戦です。 僕は子供の頃から連邦な人間なので (初めて作ったのはシャアザクでしたが) 連邦チームでの参戦は心に決めておりました。 つまり…フェス開催中は連邦軍のガンプラだけを 作り続ける日々となる訳ですねぇ…恐ろしい。 という事で、本日の開催日に間に合うように 連邦軍所属のガンプラを作りました。 入手したときにはブログで記しましたが 一番くじの景品だった「MG コアファイター」です。 それまで、特に何を作ろうか?とは考えておりませんでしたが ふと、やりたい事を思いつき、作って塗ってみました。    ガンダムの映像作品「GUNDAM EVOLVE」のロゴに使われている モノクロカラーのコアファイターを イラスト風塗装な感じで塗ってみました。 いつもの様に、黒のアクリルガッシュで塗りつぶし 白のアクリルガッシュで光の当たっている面を塗っただけです。 EVOLVEのロゴを見ながら描き込みましたが まぁ…だいたい、それなりに似せて色分けしまし…

続きを読む

イラスト風模型用の塗料と筆を買い足し

皆様、こんにちは。こんばんは。 夕方ごろ、地震かな?と思うくらいの揺れがございましたが 僕の地元では震度1だっただけで 関東方面の大きな地震だったのですね。 自宅内倉庫部屋なんかはモノを積み上げすぎて 大きな地震があったら…色々崩壊しそうで怖いのですが 片付けしようがないので放っておきます。 物が多すぎて処分できない性分でございます。 さて、少し前の事ですが 地元の文房具屋さんに出向いて イラスト風模型に使っている塗料と筆を買い足しておきました。 自分が使っている塗料 アクリルガッシュ(水性アクリル絵具)です。 混ぜて好みの色を作る事も出来ますが 基本12色セットを使っていて あった方が便利だと思った色を買い足しました。 暗めの赤のカーマイン。 ビームサーベルやモノアイに使う鮮やかなピンク。 前にもグレーを買い足したのですが 更に暗めのグレー。 赤とグレーはガンプラを筆塗りする際に何かと使う色で 混色して使うにしても 塗っている最中に色が足りなくなって 再度色を作るときに微妙に色合いが異なったりするのも面倒だったので ある程度、基本的な色は買い足して置く事にしました。 両方とも影色として使うためですね。 そしで筆も2本買い足しておきました。 筆先の画像がありませんがやや細めの面相筆タイプです。 赤い軸の筆は…紛失してしまったので買い足したの…

続きを読む

ジムストライカー

皆様、こんにちは。こんばんは。 全国各地で暑くなったというニュースを見ましたが 僕の地元の最高気温は26.8度と 相変わらずの安定感でございます。 さて、今週もガンプラを1個増やしました。 「HG ジムストライカー」です。 ゲームと漫画に登場した印象の深いジムの別バージョンMSです。 ビームサーベルが2本連なったランスが特長ですね。 ライフル持ち手があるのも実は貴重です。 装甲部分もディテールアップされて イラスト風塗装で仕上げるのであれば面白そうだと思いました。  とはいえ、少し前のキットなので 合わせ目が多くて間接の可動範囲も制限されそうです。 凄腕モデラーさんならば関節部分を最近のキットから流用して 可動範囲を広げる事も容易なのかもしれませんが とりあえず僕は塗装を楽しむ為に組みたいと思い購入しました。 今週末からGUNSTAにて開催される 「連邦VSジオン フェス」用に作ろうと。   そういえば…よくよく考えてみると 僕がジムのガンプラを作ったのは何時以来でしょうか? … ひょっとしたら、人生で2番目に製作した 1/100のジム以来かも知れません。 5~6歳の頃ですね… まぁ、純粋なジムではございませんし そういう括りで言うのであれば ジム頭のブルーディスティニーも所持しているので 今度のイベントには連邦軍MSを 沢山作りたいな~…

続きを読む

静岡ホビーショー2019 レポ カッコ良過ぎるガンキャノン

皆様、こんにちは。こんばんは。 お伝えしてはおりませんが ボチボチとガンプラは作っております。 で、過去の散財報告も兼ねる 静岡ホビーショー2019で拝見したガンプラを紹介します。 企業ブースを見終わった後に 詳しい事は全く知らず、モデラーズブース(一般参加モデラーの展示コーナー)を プラプラ~と歩いていると あ!!! 物凄くカッコイイガンキャノンを発見しました!!! コチラはホビージャパン誌面に掲載された作品で ガンダムとガンキャノンを「GM/GM」というキットを使って 改造したモデルなのですが 誌面で見たときに衝撃を受けたので鮮明に覚えております。 雑誌掲載モデルも展示されるのが 静岡ホビーショーの凄い所なのかもしれません。 このブースでご対応してくれた方に そういう話をしたところ、製作者の方は留守にしておりました。 残念。 いや、きっと対応してくれた方も名のあるモデラーなのだと思いますが 何もご存知なくて申し訳ないです。 こちらのブースではガンダム劇中ラストシーン 脱出ランチのフルスクラッチモデルも展示されておりました。 … あ、ヤバイ。今気付きました。 僕と会話してくれた方のネームプレートに製作者であられる 「まつおーじ」さんの文字が… マヂでヤバイ、どうしよう。 本当に凄いモデラーの方だったのか~~~ まぁ、過ぎ去った事なので良しと…

続きを読む

ラフレシア(ガンダム名鑑ガム)イラスト風塗装の様子1

皆様、こんにちは。こんばんは。 5月もそろそろ終わりますので ようやく冬物の片付けを始めました。 でも、倉庫部屋に立ち入れないくらいに…プラモが増えたので そろそろ普通の片付けを行いたいです。 どうやったら部屋の容量って増えるのでしょうかねぇ…? さて、先日「ラフレシア ガンダム名鑑ガム」のキットを イラスト風塗装で仕上げたとお伝えしましたが その様子をボチボチと紹介していきます。 組立て前のキットです。 食玩として発売された、一応ガンプラです。 仮組みしたキットを接着剤と並べてみました。 流し込みタイプの接着剤ですが コチラを購入したのは…10年くらい前でしょうか? ガンプラ製作を復帰してから再度使い始めましたが 普通に使えています。 話が逸れましたがラフレシアの大きさは5~6センチです。 接着して、隙間部分をパテで埋めました。 白い部分が少し見えているかと思います。 ラフレシアはどの面も同じデザインかと思っておりましたが このキットに関しては、一部バーニアがパイプの様に繋がっていました。 そしていつもと同じ様にアクリルガッシュの黒で 全体を下地塗装しました。筆塗りで。   サイズは小さいキットですが かなりディテール細かく作りこまれていて バーニアの数も多いので…塗り分…

続きを読む