SDバルバトスルプス 逆光イラスト風塗装の様子2

皆様、こんにちは。こんばんは。 先程GUNSTAに「SDバルバトスルプス 逆光イラスト風塗装」を投稿しました。 代り映えのない画像ばかり使ってしまったなぁ… と反省しつつも、固定ポーズだから他に選びようもないな~と諦めました。 あと、投稿する前はテンションが上がっておりますが 投稿し終えると…なんというか、やり終えたという達成感では無く 制作・塗装中は頑張ったけど、どうなんだろうなぁ~ という気持ちになります。 とりあえず一つの事は終わったので 次作るガンプラを選ぶことができるのは良い事です。多分。 GBWC作品も、なんというか…停滞中。 テストキットも進行しているのですが… 想像より、あまり上手い具合には出来ていないですねぇ。 それもあるから気分が乗らないのかなぁ?? という訳で、本日もブログにて SDルプスの筆塗りの様子を紹介します。 コチラも…代り映えのない画像ばかりで恐縮ですが。 昨日の続きになりますが…逆光を受けた反対側の キット正面側が影色になります。 細かい部分を除いて、ある程度全体的に色が付いた状態です。 最初の筆塗り状態で雑に白・グレー部分を塗ってしまったので 結局、後々…今になってほぼ全てのパーツを塗り直しています。 ボカシというか、色の段階の境目とかを丁寧に塗りました。 前回の画像では真っ白だったバックパックにも色を入れました。 背中側が光を受ける面なので、コチラをメインに…割と丁寧に…

続きを読む

SDバルバトスルプス 逆光イラスト風塗装の様子1

皆様、こんにちは。こんばんは。 本日、昼食等の食料を買いに地元の大型ショッピングセンターに出向きました。 駐車場の混雑具合は…平日くらいで 施設内の洋服等のお店は2割ほど閉まっておりました。 おもちゃ屋さんは営業してくれていたので一安心です。 購入した品は後日紹介致します。 さて、最近GBWC作品をそっちのけで制作・塗装していた 「SD ガンダムバルバトスルプス」ですが ようやく完成しました…想像以上に時間がかかりましたが なんとなく思い描いていた通りのモノになりました。 本日は…忘れないうちに、その塗装の様子をお伝えします。 素組みの画像はございませんが 白サフを噴いた状態に黒を塗りつけたのがコチラ。 アニメ等に出てくる逆光の中で浮き上がるシルエット…といいますか その対象の中心部分は逆光の影になるイメージで塗る事にしました。 やってみたかった事の一つなので。 まず、黒を入れてどういう感じになるのか?試してみたのです。 なので、普段は背中側を手抜きすべく真っ黒に塗りたくるのですが 今回は光が当たる側なのでコチラを普通に塗る…予定です。でした。 第2段階といいますか、塗り進めた状態がコチラです。 影の黒部分をシッカリと塗り、各部の色も入れました。 黒~白になるボディ部分もグレーを入れてますね。 真っ黒になる正面側にも暗めのカラーを入れてます。赤・青・黄色部分ですね。 背面側が通常カラー版です。 バッ…

続きを読む

SDCS ガンダムバルバトスルプスレプス

皆様、こんにちは。こんばんは。 本日昼前ですが大雨の中、地元のエディオンに出向きました。 で、コチラの 「SDCS ガンダムバルバトスルプスレプス」を買ってきました。発売日ですので。 今、丁度…というか SDバルバトスルプスを制作・塗装中なので 急いで塗っているのですが…新作ルプスレクス前に完成しませんでした。 という事で、いつもの様にパッケージ箱写真紹介。 特徴的な大きい腕はSDでも再現されています。 足は爪部分を延長したりすると良いスタイルになりそうです。 テイルブレードもリード線で動きが再現できます。 中身・ランナーを確認したのですが一瞬ランナー線を見失ってました。 設定通りにサブアームが展開するのは嬉しい仕様ですね。 パッケージ反対側写真で素組みが紹介されておりますが かなりの色再現度だと思います。 SD(BB戦士)のルプスはここまで色が再現されておりませんので 組むでもカッコいい仕上がりになりますね。 これでバルバトスは各形態が揃いました。HGガンプラと同じではないでしょうか? 取説の表紙画像です この写真だとSDフレームとCSフレームとの違いが分かりやすいですね。 コチラのキットを購入した方はどちらを選んで制作するのでしょうね? 少し気になります。 手と足でフレームを組み替えたりも出来ますしね。 で、一緒にコチラのシルエットブースターも一緒に購入してきました。 しかし…鉄血なガンプラを沢…

続きを読む

ユニコーンガンダム 光の結晶体 素組み

皆様、こんにちは。こんばんは。 ブログで制作中のガンプラの紹介を行おう…と思っても 多くのガンプラを作っていると知らせずにコッソリ進めているので だいたいが完成品を紹介するという形になっております。 それはソレで良いのですが 制作中に撮影していた画像をその後のブログで どれだけ紹介していたのだろうか?という事を忘れてしまいます。 ツイッターでたま~に進行状況をお伝えしたりすると ブログの方で記事をまとめていたのか?全く記憶にないのです。 なので…前に紹介して時期が経過したプラモなら 改めて紹介しても僕ですら覚えていないから 新鮮な気持ちで皆様にご覧いただける…かと思いました。 過去のブログを自分で読み返すのも面倒なので… 本日紹介するガンプラはコチラ 「HG ユニコーンガンダム 光の結晶体」です。 2018年、静岡でガンダムベースのポップアップイベントが開催された時に 出向いて購入してきた品の一つです。 懐かしい…2年前の事ですか。丁度、5月のGW後の最終日に行きました。 画像データを見るとこの年の8月に作っていたみたいです。 あ、今思い出しましたが 「RG サザビー」が発売される1週間くらい前に 作るガンプラが無くなったのでコチラを組立て始めたのでした。 まぁ…RGサザビーも作って、中途半端にウェザリングカラーでウォッシングして そのまま長期の放置状態になっております… 劇中のユニコーンガンダムを再現した…

続きを読む

百錬 (鉄血のオルフェンズ ガンプラ)

皆様、こんにちは。こんばんは。 予報通り、夕方から雨が降り出しました。 最近の天気予報は本当に正確でございます。 しかし、今日の日中も風が凄く強くて 普段の春の時期に比べても強風が多い気がします。 さて、少し前の買物なのですが 「百錬」のガンプラを購入しておりました。 鉄血のオルフェンズ1期に登場するMSです。 GUNSTAの鉄血コンに何かしら作りたいな~と思って 素材として入手しました。 やりたい事のイメージに近いMSだったので。 取説写真から紹介させて頂きます。 アニメを観ているときは全く知りませんでしたが 百錬の製造番号がシングルナンバーは使用されている装甲が違う…らしいです。 ノーマルカラーのガンプラ百錬とは色が違うだけ…らしいです。 付属する武器がコチラです。 取説のこの部分では紹介されていませんが パッケージ箱側面の写真には ブレードが鞘に収まる、という構造が記されておりました。 最近、頻繁に入手したガンプラを紹介しておりますが 意外とパッケージ写真の方が簡潔に解説・図解されている写真が多いです。 全体のシルエット写真です。 肩や大腿部分が太く、マッシブな印象がございます。 アニメを観ているときは…やっぱり、ここまでシッカリ見てなかったです。 アミダ機はマルーン(茶)に淡く暗めのピンクのカラーリングです。 あ、あと腰のサイドアーマーの白い部分が ナックルガードとして取り外し、付け…

続きを読む