ガンダム ガンプラ一番くじVer.2.0 A賞

皆様、こんにちは。こんばんは。

増税前に色々と買物をしましたが
増税後も色々と買物をしているリューノです。

だって…今になって欲しいモノが出てくるからです。
プレバンでレッドゼータ予約しました。
ジャンクで1体既に所持しているのに…

まぁ、ガンプラは資産価値があまり下がらないので
優良な財産と言えるでしょう…と強引に自分自身で納得しておきます。

さて、増税前の最終日曜日に
いつもの様に地元の大型リサイクルショップB店舗に行きました。
1週間ぶりに出かけたばかりだったのですが
前には見かけなかった商品に気を取られて…ついつい散在してきました。
gundam-1ban-a-01.jpg
少し前に発売された「ガンダム ガンプラ一番くじVer.2.0」のA賞
「MG ガンダム ORIGIN版」を買ってしまいました!!

…だって3000円だったから。

基本的にMGのガンプラは作っておりませんが
3000円って通常のORIGIN版と大して価格が変わらないのでは?
と思い、いつの日かMGのガンダムを作りたくなった時のため…

もしくは僕はクリアカラーのガンプラを少し集めていて
何か良いアレンジ・表現で作れないかな~と試すときの
実験台になって頂きましょう。

もしくはMGのガンダム(RX-78)をほぼ全て製作しているお知り合いの方に
3000円で売りつけます(酷い話です)

まぁ、購入しようか?多少は悩みましたが
安かったので買って帰ってきたのです。
gundam-1ban-a-02.jpg
熱心にチェックしていたアイテムでは無かったので詳細は先程調べましたが
トリコロールの色付き部分がクリアカラーになっている
ORIGIN仕様のガンダムです。

よくよく考えたらORIGINのアニメには登場していないですねぇ。
起動してないので。
gundam-1ban-a-03.jpg
ガンプラの歴史を文章で振り返ります。
そういえば、僕が子供の頃に作った初めてのガンプラ
「1/144 シャア専用ザク」は肩部分のCリングっぽいパーツを
接着して組み立てる懐かし構造でした。

よ~~く思い出すと昔のガンプラ(プラモ)には
チューブ状の接着剤が付属しておりましたしねぇ…懐かしい。
gundam-1ban-a-04.jpg
接着しなくても、色を塗らなくても作れるガンプラの時代になったのに
何故か、今になって接着して合わせ目を消し
イラスト風塗装の筆塗り全塗装を行う…という時代に逆行したプラモ作りをしております。
gundam-1ban-a-05.jpg
手・指パーツは1枚のランナーで構成されています。
gundam-1ban-a-06.jpg
ガンダムベース東京
gundam-1ban-a-07.jpg
そしてバンダイホビーサイトの紹介もパッケージ側面に紹介されています。
gundam-1ban-a-08.jpg
未開封ですけど中身のランナー紹介。
トリコロールカラーの青、黄色、そしてオレンジのエフェクト部分が
クリアカラーになっています。
gundam-1ban-a-09.jpg
赤部分は別パッケージでした。
gundam-1ban-a-10.jpg
取扱説明書は通常バージョンが付属しています。
今回の一番くじパッケージはボックスアートが違うので
箱と説明書とで2パターンを楽しめます。

という訳で、前にブログでこの一番くじの
F賞・MGガンダムヘッドのプラモを全種類入手できて嬉しいな~とはお伝えしましたが
まさか、A賞まで入手できるとは思ってませんでした。

バンダイ MG 1/100 RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) プラモデル(ZP00659) - でじたみん 楽天市場店
バンダイ MG 1/100 RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) プラモデル(ZP00659) - でじたみん 楽天市場店

この記事へのコメント