天空の城ラピュタ フラップター プラモデル

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨晩、真夜中ですが蚊の襲来により安眠妨害されました。
手で払った所で何度もやってくるので
止むを得ず別の部屋にある殺虫剤を取りに行き
部屋に噴きかけてから寝ました。

その後は蚊の襲来は無かったので…効果があったと思いたいのですが
こんな10月も下旬の時期にやってこなくてもいいのに…

さて、今年の5~6月頃にコチラのプラモデルを購入しておりました。
laputa-01.jpg
「天空の城 ラピュタ」に登場する飛行マシン「フラップター」のプラモです。

最初に記しておきますが
僕の地元のオモチャ屋さんの夏場のプラモコンテストのお題(別に従わなくても良い)が
水に関連する作品の募集でした。

そこでアレコレ考えて水表現に使えそうなプラモを何個か入手しておきました。
このラピュタのフラップターは川の上を飛行するシーンが印象的だったので
それを再現してみようかな~と。

結局、他の候補を止めてアトラスガンダムを作ったのですが…

何と言いましょうか、その結果がアレでございます。
laputa-02.jpg
話をキットに戻しまして
ラピュタに詳しい方ならコチラのパッケージイラストを見て思うのは
「こんなシーン、劇中には無いよな~」という事でしょう。
僕もそう思いました。

でも、このイラストの様に水彩っぽくイラスト風塗装ので仕上げたら
カッコいいかな~なんて考えていたのです。

今の僕には薄く淡く塗るのは無理でしょうけど塗りがいがありそうだと思いました。
laputa-03.jpg
パッケージ横の完成見本写真です。
コチラではフラップターのメインカラーがカッパー(銅)で
重厚感のある見た質感になっております。

イラスト風塗装の要領で描くとなると
羽部分は…どうやったら良いのでしょう?
動きのある塗り方にするべきなのかなぁ…??
laputa-04.jpg
コクピット部分のディテールもシッカリ作りこまれています。
よ~く見ると左右のペダルのプレート形状も異なるのですねぇ。
パズーとシータも原作っぽい見た目だと思います。
laputa-05.jpg
箱の中身です。
箱自体は…HGのガンプラのパーツ数の少ない薄い箱同様のサイズです。

パーツ数が少ないな~という印象がございますが
普段作っているガンプラが異常なディテールと細かさなだけで
一般的な車等のプラモはそこまでパーツが多くは無いと思います。

コレはガンプラ作っている人あるある…ではないでしょうか?
実は本気で作ろうと考えると他のプラモよりガンプラ(ディテールの細かいロボット系)は
作業量が多くて作るのが大変だという事実。

あと、スケール表記はありませんが
1/35か~1/20くらいのサイズでしょうか?

比較できるモノが無いのですが
フラップターの大きさはバイクの1/12プラモと比較すると小さいので。
でもディスプレイして飾ると考えると
羽部分が結構幅を取ってしまいますね。

という訳で、画像フォルダで見かけたので
撮影したまま紹介していなかったらラピュタのプラモをお伝えしました。

ラピュタの他のメカ、ジブリ作品のプラモも何種類か発売されておりますし
ディテールも中々凄いのでファンの方が手にとっても作ってみるのも良いかと思います。

では、僕はこのフラップターのプラモをどうするべきか?と考えると
ラピュタ好きな友人がおりますので
作って誕生日にでもプレゼントしたいな~という気持ちはございますが
現在の製作ペースだと、その日がいつになるのか?
正直分からない現状でございます。

イラスト風塗装、僕の塗り方だと物凄く時間がかかるのです…
もっと良い塗り方が出来るよう頑張ります

スタジオジブリ 天空の城ラピュタ フラップター プラモデル(再販)[バンダイ]《11月予約》 - あみあみ 楽天市場店
スタジオジブリ 天空の城ラピュタ フラップター プラモデル(再販)[バンダイ]《11月予約》 - あみあみ 楽天市場店

この記事へのコメント