きゃらっがい アヤメ ぷちりっつボディ 

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日はいつも出向いているオモチャ屋さんに出向いて…
新作ガンプラ「HG ペーネロペー」を見てきました。

デカイなぁ…
コレ、アトラスガンダムと同じ方法で筆塗りしたら…
2ヶ月はかかるぞ…

という恐怖から買うのを控えました。よくぞ自制しました。立派です(?)

幾度と「GBWC予選突破したご褒美に買ってしまおう」と思ったことか…

さて、昨日GUNSTAに開催中(締め切り前日)だったマスコン用のガンプラを投稿しました。
昨日のブログでお伝えした「ぷちりっつ Fateキャスター・ネロ」のボディをそのまま使った
ptg-aya-w-ef03.jpg
「きゃらっがい アヤメ」です。
その名のキットの頭部とぷちりっつボディを使っただけですが
無加工で取り付ける事が出来ました。ありがたし。

で、ツイッターを使い始めて不思議に思っていたことですが
センシティブな画像はそのまま表示されないのが
どこまでが規制になるのだろう?という謎でした。

フィギュア・プラモの水着姿も表示制限されるのかなぁ?と思ったのですが
どこまでが良くて、悪いのか?という線引きが分からないので
ならば、いっそ体を隠すようなエフェクトを作ろう!と考えたのでした。

透明プラ板をロウソクの炎で溶かして伸ばし・曲げたりして
最初に作ったモノはボツになったりしましたが
体の水着・ビキニ部分を隠せる形にしました。

そのエフェクトを白スプレーで下地塗装して
その上に濃い目のグリーンを塗ったら…昆布みたいになりました…
(画像は無いです)
ptg-aya-bk-m-ef13.jpg
忍者らしく風遁の術とRX-零丸の神気結晶をイメージして
筆塗りで風っぽい表現を描こうと思ったのですが…
どうも巧く仕上がらなかったので、これ以上手をつけることは諦めました。

まぁ、隠せるところは隠せたから良い…でしょう…多分。
ptg-aya-bk-m-ef19.jpg
ちなみに今回も黒背景で撮影してみましたが
今回もシッカリ、ピンボケしまくって使える画像が限られてしまいました。

まぁ、昆布エフェクトで水着・体を隠すように
必死に撮影している自分の姿が…想像するだけで悲しくなったので
これ以上の画像撮影は止めました。

アヤメのボディはいつもの筆塗りイラスト風・絵画っぽい塗り方です。

エフェクト無しバージョンも普通に投稿しましたので
宜しければリンクから飛んでご覧下さい。

https://gumpla.jp/hg/309880

今回も色々な事を試してみましたが
これでようやく普通のガンプラ製作に戻れます…

と言いたい所でしたが
この先も優先的に作らなければならないプラモが控えているので
ガンプラに手をつけるのは…まだまだ先になりそうです。

どうしよう…
何となく想像・想定してみると12月にならないとガンプラ作れないかも…

1/144 HGPG プチッガイ きゃらっがい アヤメ(ガンダムビルドダイバーズ) バンダイ - Joshin web 家電とPCの大型専門店
1/144 HGPG プチッガイ きゃらっがい アヤメ(ガンダムビルドダイバーズ) バンダイ - Joshin web 家電とPCの大型専門店

この記事へのコメント