Owltech ワイヤレスイヤホン

皆様、こんにちは。こんばんは。

夕方、ラグビーW杯の決勝を観ながらロードバイクで走ってました(室内トレーニング)
ついつい試合に夢中になり、走るペースも早くなるのですが
その影響なのか?
走り終わった後にヘロヘロになり
足場として置いていた木の台座に足を滑らせて立ちコケしました…

スネを打ち付けて少々悲しくなりました…

その時に使っていた品を紹介します。(最低なフリですねぇ)
bluet-hh01.jpg
「Owltech (オウルテック) ワイヤレスイヤホン」です。
いわゆるBluetooth接続のヘッドホンなのですが
今までそれほど興味のあった品ではございませんでした。

しかし、最近になってほぼ毎日3本ローラーでロードバイクを走らせるようになり
ただ走るのも暇なのでスマホを使ってTVやYoutube動画を見ているのですが…
中古品の3本ローラーが悪いのか?結構うるさくてスマホから音声が聞き取れません。

スマホを置いている場所も…地味に遠いので普通のイヤホンでは長さが足りません。
じゃあ、Bluetoothのイヤホンを買おう!
と、家電量販店に立ち寄った時に思いついたのでした。
bluet-hh02.jpg
パッケージ裏です。
bluet-hh03.jpg
自宅内でロードバイクに乗るときくらいしか使うつもりは無いので
特に音質等は気にせずに一番安価な品を選びました。

でも、トレーニング中は結構汗まみれになるので
最低限の生活防水機能があるモノを選んだらコチラとなりました。
防水機能が無い品は500円くらい安かったです。

あと、ハンズフリーマイクとして使えるみたいなので
PS4でゲームをプレイするときにも使える…かもしれません。試してませんけど。
bluet-hh04.jpg
スペック表(?)です。
確か2500円くらいだったと記憶しておりますが
同価格の普通のケーブル付きイヤホンと比べると音質が若干劣ります。

まぁ、動いているときに音が聞こえれば良いので気にしません。
bluet-hh05.jpg
パッケージ蓋を開くと中身が見える仕込み箱です。
イヤホン上部にはシリコン素材の縦長パーツが付いていますが
それがフックの役目になり耳にフィットする仕組み…みたいです。

イヤホンの落下防止に役立ってくれる…みたいです。実感あまり無いのですが。

あと、肝心な事を伝えておりませんでしたが
このワイヤレスイヤホンは左右がケーブルで繋がっていて
イヤホン部分だけが独立しているタイプではありません。

これは体を動かすときに使う事だけを考えていたので
使用中はケーブルを首の後ろに回しているので
最悪、外れても落下しないようにはなっております。

独立タイプだと…落としたイヤホンを探すだけの手間すら面倒ですので。

そしてイヤホンの耳差込側の逆部分は磁石が仕込まれていて
左右がくっつく状態になっています。

これが意外と便利で、使用していないときは磁石でくっつけておく事で
ケーブルがゴチャゴチャと纏わり付く事もありません。
首からかけておくときも固定されるので便利です。

唯一、若干ですけど気になる部分は
操作部分の形状が大きくて、配置部分も中央では無くずれているので
左右のバランスが取れてない…という所でしょうか?

集中して走っている分には全く気になりませんけど
他の同種類イヤホンより明らかに大きかったですね。

という訳で、最近購入した品物の中で一番役立ってくれているのが
このBluetoothイヤホンでした。

Bluetoothの製品を使い始めたのは…
2~3年くらい前に購入したキーボードが初めてだったのですが
ボタン一つで接続できて便利ですね。

でも、届く範囲ならばケーブルで繋げた方が安心感があるのは
昔ながらのアナログ人間な気がします。

この記事へのコメント