キャビコ コイン

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨晩はラグビーW杯決勝を観ながら
3本ローラーの上でロードバイクを走らせたのですが
試合に熱中するあまりハイペースで走った影響なのか?
今日は久しぶりに筋肉痛です。お尻側の筋肉、フトモモ裏側も。

あと、立ちゴケしたので左の肩甲骨も痛いです…

さて、画像撮影していた写真がブログ用フォルダに入っておらず
違う場所に収まっていたので最近になって発掘できたのですが
今年のお盆の時期に、地元のオモチャ屋さんで
同じく地元プラモメーカーの「CAVICO (キャビコ)」が
チョットしたイベントを開催しておりました。

それは熱して溶かしたプラモを使っての射出成型の体験。というモノでした。

友人とそのお店に出向くと店員さんに声を掛けられて
そういうイベントが開催されているという事なので参加してみました。
cavico-coin01.jpg
射出成型したのがコチラのプラのプレートですが
「キャビコ コイン」と呼ばれているらしいです。

プラモに詳しい方なら何となく想像がつくかと思いますが
ここで行ったことは(大半は社員さんが行いましたが)
まず、黄色とオレンジ色のビーズを熱して溶かします。

その後にプレス機の中に流し込んで
僕がレバーを押し込んで射出して、プラモのランナー素材を作り出す…という仕組みです。
プレス機は…自転車の空気入れくらいの高さのモノで
金型を固定する部分はかなり屈強な作りの鉄の塊感のある機具でした。

早速、熱して熱い状態のプラ液を流し込み
僕がプレス機のレバーを押し込むのですが…ここでも社員さんの補助が入ります。

かなり抵抗が強いのですが両手に体重をかけてレバーを押し込み…
金型からプラ素材を取り出すと…
cavico-coin02.jpg
端が欠けた状態でした。失敗です。
金型の位置的には画像と逆になっておりますが
正しく見た状態の上部部分が最後にプラ液が流れ込む部分、という訳です。
cavico-coin03.jpg
押し込みが足りなかったと社員さんが仰いましたが
レバーの補助も入っているので、正直どの程度までやっていいのか?
自分の判断だけでは出来なかったのも事実でございます…

という事で、再度挑戦させていただきました。
同じ工程を経て、今度はシッカリと最後まで押し込む事を意識して
プレス機のレバーを押し込みました。

すると、先程は感じなかった最後の一押しみたいな感触がありました。
cavico-coin04.jpg
金型から外すと…今度は見事に完成しておりました!
少し嬉しいですねぇ。
cavico-coin05.jpg
成功したものを見ると…
右上部分に穴が開いているので、そこに金具を通せばキーホルダーっぽく使える訳ですねぇ。
cavico-coin06.jpg
裏面です。
黄色とオレンジのプラビーズが混ざってマーブル模様になっております。

という訳で、失敗した分と成功した分と2枚のキャビコ・コインを頂きました。
社員さんは作業中にプラモ(ランナー)が出来る様子を丁寧に解説してくれましたが…
僕はプラモいう沼にドップリとはまっている人間ですし
そういう仕組みも全部分かってますよ~とは言えませんでした。

是非、僕みたいなスレた大人モデラーよりも
お子さん達にこういうモノに触れてもらって
プラモデルが出来る仕組みを体験して貰うのが一番良いだろうな~と感じました。
cavicoo-nat-bl01.jpg
で、その約2ヵ月後にイラスト風・ボカシ塗装に挑戦したなっちんで
そのお店のコンテストで上位入賞は出来なかったものの
オマケな感じでキャビコ賞を頂くのでした。

おしまい。

この記事へのコメント