30MM ポルタノヴァ イラスト風塗装の様子1

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日は外出しておりましたが
その道中(10時前に)正面の空に虹が出ておりました。

おぉ…久しぶりに見た気がしますねぇ。
何となく縁起が良く、幸運が訪れる…かも。

という事で宝くじでも買ってきますか!(安易)

さて、先日バンダイホビーサイトにて
「30MM」のキットを使った「砂漠戦」のコンテストが開催されておりました。

丁度何かと慌しく、GBWCファイナルの準備なんかもあったりして
完成度80%くらいの塗装でしたが無事に投稿応募できました。

その製作したポルタノヴァの塗装段階を画像が少しですけどお伝えします。

ちなみに本当に時間が無かったので
普段撮影している素組み画像がないです…余裕ゼロ。
por-snd-toso01.jpg
普通に組んで(ゲート処理等行い)
100円ショップの黒ラッカースプレーで下地塗装しました。
por-snd-toso02.jpg
普段エアブラシを使う環境では無く
風の強いベランダで噴いているので(本当に時間無かったんだなぁ)
色ムラがございますが、アクリルガッシュで厚塗りするので気にしないで下さい。
por-snd-toso03.jpg
綺麗に塗装される方は決して真似しないで下さい。念の為。
これだけでも割と充分にアクリルガッシュが塗れる状態にはなります。

por-snd-toso04.jpg
で、何時間かけたか?忘れましたが色をある程度乗せてみました。
2時間くらいかなぁ…多分。大体一度の作業がソレくらいなので。
por-snd-toso05.jpg
元々イエローベースのキットを使っておりますが
今回のお題が「砂漠戦」という事なので
黄色の色合いを使って厚塗り・油絵っぽい塗り方をしました。いつものです。
por-snd-toso06.jpg
で、今回のコンテストの規約に
「純正オプションパーツ以外の改造は禁止」で
「塗装OK」という事でした。

なので、前から一度試してみたかった
塗装での装甲内部のメカ表現っぽく塗る事にしました。

ポルタノヴァの左前側から見える部分に(左半身側)
塗り分けの目安になるようグレーを塗り
そこに内部メカを描いてみよう…

としたのですが、時間が無くて完成度80%で終えました。

とりあえず、本日お伝えするのはココまでです。

この記事へのコメント