戦艦ジャンクプラネトⅢ 制作解説

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨晩、画像撮影に画像チェックをして
今晩、GUNSTAのコアコン用新作ガンプラを投稿しました。

その名も「強襲用戦艦ジャンクプラネトⅢ」です!!
core-jk3-w27.jpg
戦艦…ぽく見えませんかねぇ?

実はこの戦艦っぽいモノは
コアガンダムのキットに付属していた
アーマーを装着させるフレームパーツを3つ繋げて作りました。

イラスト風塗装で作品を作ると…パーツを分解させないので(僕は)
アーマーを取り付けるフレームがそのまま残っておりました。

なので、これを何かに使えないかな~と
結構前から考えておりました。

コアレウスガンダムを作ったので
リオレウスみたいな竜っぽいモノを作ろうか?なんて考えたのですが
結局、コアガンダムのキットを3種類購入して
フレームも3個が余る事になったので
色々と組み合わせて何かイメージできるかな~と思ったのが戦艦でした。
core-jk3-torisetu00.jpg
しかも、やはり余って使っていないコアガンダムのビームライフルを
ひっくり返してフレームに添えてみると…
戦艦のブリッジっぽい!!という発見に至り
なら、やっぱり戦艦を作ってみよう!と決意したのでした。

とりあえず、コアコンに間に合ったので良しと致します。
これが良いのか?悪いのか?は別として…
画像はGUNSTAにてご覧ください。
https://gumpla.jp/hg/370370

で、細かい説明や足りない画像があったので
それを本日のブログにて紹介します。画像も撮影しました。
core-jk3-torisetu01.jpg
取説の画像で紹介していきます。
プラネッツシステムのアーマーというのが本来コチラです。

こうやって分離させて楽しむ事も出来るのが特徴なのですが
僕のイラスト風模型では…分離を想定していないのでフレームが余る形になりました。
core-jk3-torisetu02.jpg
説明書の組立て部分がここからですが…
core-jk3-torisetu03.jpg
アーマー装着のフレームは2パーツ構成なんですね…
一応、戦艦の前方部分はマーズフォーガンダムの武器パーツフレームを使っているので
それだけ形状が異なります。
core-jk3-torisetu04.jpg
そして支柱と台座も余ります。
台座はガンダムシリーズの戦艦デザインでおなじみの
側面にある黄色い丸いパーツに決定です。

支柱も前に向くように取り付ければ
砲身の長いメガ粒子砲っぽくなるだろうな~と思ってましたが
デザイン的に浮きそうなので使うのを控えました。
core-jk3-torisetu05.jpg
そしてGUNSTAで紹介していなかった(撮影忘れた)場所ですが
この部分でフレームパーツを繋げている、という画像になります。

色を塗ってから分解するのは塗装が剥がれそうで少し怖いですねぇ。
core-jk3-torisetu06.jpg
前方方面フレームパーツですが
プラネッツシステムのアーマーを取り付けるピンをそのまま使います。
core-jk3-torisetu07.jpg
GUNSTAでは逆に紹介してしまったのですが
後方側側面に取り付けるフレームパーツを少しだけ加工します。

元々あった3ミリピンを切り取り
その部分に同じ3ミリ穴を開けます。
core-jk3-w03.jpg
すると、前の画像で紹介した部分と接続されて
巧い具合に一体化したデザインの戦艦っぽくなったのでした。

丸台座もコアガンダムキットのランナーから切り取ったピンで接続したので
この戦艦はコアガンダムのガンプラ100%で構成され、制作されたのでした。

う~ん
我ながらアホな発想から妙なモノを作ってしまいました。
コレをコアガンダムコンテストに出すのも…どうなんだろう?
と思いましたけど
皆さんのコンテストミキシング作品を見て
自分の作品はむしろコアガンダム100%ミキシング作品だ!!

と妙な自身を持って投稿してしまいました。

どういう評価をされるのか?全く分かりませんけど
それなりに頑張って筆塗りしたので
見た目は結構それっぽく仕上がったと思います。

コレでコアコン作品は終了…のはずです。
コアガンダムG-3カラーが組んだ状態で残ってますけど
流石に塗る時間がございません…もう、ネタも特に無いので。

この記事へのコメント