ゲイレール・グィコゥル 完成

皆様、こんにちは。こんばんは。

制作・塗装の様子はボチボチとお伝えしておりましたが
鉄血のオルフェンズに登場する「ゲイレール」が完成しました。
geirail-w-hb01.jpg
その名も「ゲイレール・グィコゥル」
アイルランド語で「グイ 風」「コル 戦士」という意味から
「風の戦士」…という少々痛々しい名前を恥ずかしげもなく付けてみました。

たまにはこういうのもいいかな~と。
geirail-w-hb03.jpg
30MM、ボールデンアームズ、ティルトローターを取り付けて
フルアーマー、重装型の様なゲイレールにしてみました。
geirail-w-hb10.jpg
ゲイレールのキットに元々の設定として
背部ホバーユニットが付属しているのですが
これだけでは高速移動が物足りないのでは?と思って
半分以上塗り終えた状態から、急遽ティルトローターを取り付けて
更なる高速移動が可能!という後付け設定で完成としました。

名前も風とか、浮く、という単語を使いたかったのですが
検索で簡単に出てきた言葉から「ゲイレール・グィコゥル」という名前にしました。
geirail-w-hb04.jpg
取り付けた装備は…左腕のシールドアックスだけゲイレール元々の装備ですね。
ライフル等は30MMでボールデンアームズのパーツを
ほぼそのまま組んで取り付けているだけです。

穴を3か所開けただけの加工のみですねぇ…そういえば。
geirail-w-hb08.jpg
以前のブログにも記しましたが
ゲイレールのデザインが30MMっぽくて
ならば、30MMの装備一式を搭載しても違和感が少ないのでは?
という急な思い付きから制作を始めました。

でも、30MMの武器だけでは物足りない気になり
ボールデンアームズの使っていない…今後使う予定も無さそうな
ミサイルポッドや装甲パーツを肩回りに繋ぎました。
geirail10.jpg
あ、そういえばパーツが繋がるのか?
様子見の画像が残っていました…コレですからねぇ。

意外と30MMのパーツってボリューム感が無いので
geirail11.jpg
他からパーツを持ってきた結果、この形に落ち着いたのでした。
何かイメージしたモノってあったかなぁ…

背中のライフル3本接続は
30MMのバーニアパーツの中央にライフルを1本かませる事によって
バーニアパーツの固定が強化されて
更に両側に2本背負わせる事が出来たのでした。

丁度、サイズが合ったのですよねぇ…偶然。

という訳で、急な思い付きから作り始めたゲイレールですが
個人的には無骨でシンプルなデザインが結構好みでした。

鉄血なザク感…いや、テイワズ製MSの方がジオンっぽいので
実はゲイレールはジムっぽいのかもしれませんねぇ。

塗るのもそこまで苦労しなくて済んだので
組んで、塗って、中々楽しい印象の残る作品となりました。

で、今回も大量な画像が残っているので
次回以降のブログでもボチボチと画像を紹介していきます。

今回はティルトローター装着画像をお伝えしました。

あ、GUNSTAの鉄血コンに投稿しておりますので
コチラで他の画像もご覧いただけます。

https://gumpla.jp/hg/473887

あと、適当設定文も。


この記事へのコメント