30MM シエルノヴァ ダークグレー キット紹介

皆様、こんにちは。こんばんは。

最近はず~~~っとパテ造形した作品を
ナイフ等で削り続ける日々です。

いつになったら終わるのでしょうか?

普通にプラモ作りたいです。

で、発売して数日後にナンダカンダでコチラを購入しました。
ban-30mm-ciel-dg01.jpg
「30MM シエルノヴァ ダークグレー」のプラモデルです。
もう1色(グリーン)が発売されましたが
アルトとポルタノヴァもダークグレーを所持しているのでコチラを選びました。

結局、グリーンカラーも買いましたけど…

30MM公式ミッションに出す余裕があるのか?分かりませんが
とりあえず組んでみました。
まず取説から紹介します。
ban-30mm-ciel-dg02.jpg
ボックスアートにも描かれていますが
説明書にはそのイラストのカラー版が掲載されています。

このシエルノヴァには専用オプションアーマーが取り付けられているので
どういうキットなのか?イメージがわきやすいかと思います。

ban-30mm-ciel-dg03.jpg
コチラのイラストは更に別のオプションパーツを組み合わせています。
本当、オプションパーツが物凄く増えたので
何をどう取り付けるのかも自由度が増しすぎていますねぇ。

アイディア、特に無いです。
ban-30mm-ciel-dg04.jpg
キットの各部には3ミリ穴が設けられいて
シエルノヴァの肩上部にはC字ジョイントが取り付けられる仕様になっています。
ban-30mm-ciel-dg05.jpg
コチラでは先程のイラストになっていた状態がキットで組まれています。
オプションセットのプレートパーツが膝に取り付けられていて
アーマー感が増しているのが参考になります。

なんでもかんでも盛りまくれば良い…訳でもないので
その線引きが微妙に難しいですねぇ。
ban-30mm-ciel-dg06.jpg
という事で組みました。
かれこれ…30MMのキットは10個位組んでいるので
フレーム構造も分かり切っていて作るのに安心感があります。

初見に近いガンプラは細かい構造を把握していないので
作る・組むのに地味に時間がかかる気がしています。
ban-30mm-ciel-dg07.jpg
ポルタノヴァと比べると胴体横幅が広がり
腰部分も円形になっています。

また腕(手首付近)も延長されて
脚部は直線的でボリュームのある形に大幅変更されています。

脚部太腿アーマーが通常形状だと接触してしまうので
股の付け根に取り付けるジョイントパーツが延長パーツとして付属してます。
(ノーマル状態ジョイントは余剰パーツになります)
P1470372b.jpg
ちなみにコチラがノーマルのポルタノヴァです。
色は…全然変わっていますけど。
ban-30mm-rabiot-dg06.jpg
先日紹介したラビオットがコチラになりますが
シエルノヴァの方がかなり個性的なデザインになってます。
ban-30mm-ciel-dg08.jpg
後方側写真です。
背中のバックパックはシンプルな形状で
その上にレドーム等のレーダーパーツが新規に付属しています。

レドームの丸いパーツも使い勝手がありそうな形状ですが
1キットに1個しか付属していないので…
何個も揃えるとなると大変です。

実はグリーンバージョンのシエルノヴァを
筆塗り練習・腕を落とさないように塗り始めたのですが
アクリルガッシュ直塗り・厚塗りしてみたら
あまり…巧く塗れなかったです。時短できないかな~と試したのですが…

結局、今まで通りに塗るような修正を行いつつ塗り進める事になりそうです。

でも、やっぱり30MM公式ミッション中には完成しない…気がしますねぇ。
優先すべき他のキット制作に励みます。

この記事へのコメント