メガネタイプ フェイスシールド

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日、仕事終わりに地元のドラッグストアに寄って
色々と買物をしてきました。

で、何気なくマスクコーナーを見ていると
前から気になる…欲しいなぁ~と思っていた品があったので購入してきました。
face-sild01.jpg
皆様見かけた事があるかと思いますが
感染防止の為に顔を覆う「フェイスシールド」です。

僕はコレを仕事で必要だから購入した訳では無く
街中を歩く際に装着するつもりで購入した訳でも無く
実は、プラモのエアブラシ・スプレー塗装の時に使えないかな~
と考えていたのでした。

まず最初にその説明を致しますと
エアブラシでラッカー塗料を塗装する時に(主にサフですけど)
防毒マスクにゴーグルを装着しておりました。

シッカリとした防毒マスクのおかげで匂いを防げますが
少々困っていたのは目を保護するゴーグルでした。

僕の右目はどうもおかしくなってしまって
効き目の左目と連動して動きづらくなってしまったのです。

結果、目の上方向の動きが悪くピントが合ってくれません。
下方向は大丈夫なのですけど…

元々乱視がありましたが、それが物凄く悪化した感じで
この2年くらいはロードバイクで外を走るのを止めています。
実はロードバイクを購入した時点でもピントが全然合ってませんでした…

普通に生活する分にはそれほど支障が無いのですが
(眼鏡も車運転時以外は必要も無いくらい)
唯一困っていたのがエアブラシで塗装する時でした。

普通に近くを見る分に全く問題が無いのですが
保護ゴーグルを装着すると目のピントが合わなくなってしまうのです。
コレは…とてもストレスがかかって
尚且つ、ピントが合わない状況で今までエアブラシ塗装を行っておりました。

片目で見ている状態ですね…

これはゴーグルを着けているのが原因で
目のピントが狂ってしまうのです。
ゴーグルが悪いのかな?と保護面形状が異なるタイプも購入してみましたが
やっぱりイマイチ自分には合わなかったのです。

で、TVで保護シールドを装着している姿を見た時に
「コレなら自分の目の状況に良いのでは?」と閃いたのでした。

ゴーグルの台座(?)部分が妙に高くなっていて
その部分が視線に入りピントが合わなかったみたいなので
保護シールドの透明部分全部がクリアで均一な状況なら
ピントが合わない…なんて事が無くなるのでは?と。
face-sild02.jpg
まずは商品パッケージを紹介。
メガネフレームに透明シートを取り付けるパターンです。
顔とシールド部分に隙間が出来て接触しない形状になっています。

小さくしか映ってませんが
グリーンのピン部分は付属の透明眼鏡フレームから外す事が出来るので
常日頃、眼鏡を身に付けなければいけない方には
このグリーンのピン部分を外せば自分が使っている眼鏡に
このシールドをそのまま装着出来るのです!

コレ、結構便利アイテムですよ。
face-sild03.jpg
パッケージ裏面です。
face-sild04.jpg
シールドの装着方法が描かれています。
2の部分に記されているバックルというのがグリーンのパーツで
柔軟性のあるプラ素材っぽい感じなので
取り外し可能で眼鏡に付け替えが出来る部分です。
face-sild05.jpg
透明なシールド部分には保護フィルムが貼られています。

あ、気付きましたが右の黄色部分の注意書き
「有害な粉塵がガス等が発生する場所でのご利用はできません」
と記載されていますね。

でも、防毒マスクはこのシールドの下に装着出来そうなので
エアブラシ塗装に使っても特に問題ないでしょう。

何なら、シールドの一部をカットして
防毒マスク部分が逃げるようにしても良いでしょう。
あくまで塗装用に使うつもりなので。

あと細かい指摘で恐縮ですが日本語の使い方が間違ってますね…
「粉塵が」の部分は「粉塵や」なのが正しい…気がします。多分
face-sild06.jpg
中国製です。
シールドを固定するグリーンの部分は「TPR」と記載されていますね。

確かTVで放送してましたが、ネットでDLしたフェイスシールドの台座を
100円ショップのクリアファイルを使って形通りに切り抜くと
簡単にフェイスシールドが作れるみたいですけど
面倒だったので買いました。

ちなみに価格は400円でした。
コレは安いと思いましたが…どうでしょう?

それこそ、最初に付属しているクリアの保護シールド部分が汚れたら
100円ショップでクリアファイルを買ってきて
付属している保護シールドから型を取れば
そのまま交換用シールドが複製できる…と思います。多分。

という事で、長い前置きとパッケージ紹介はここまでにして
実際にコチラのフェイスシールドを組み立ててみました。
face-sild07.jpg
保護フィルムはピン部分だけ外して組立てましたが
5分もあれば誰でも簡単に完成させる事が出来ると思います。

若干、シールドを取り付けるピン部分が差し込む際に少し硬いかな?
という程度です。
プラ製なので破損する事も無いでしょう。

そして一番肝心な事は装着して視線のピントが合うか?
という事ですが…

装着しても全く問題ありません!
手元のピントは通常の視線と同じ様に見えます!もうズレません!!!

あぁ…買って良かった。
コレでエアブラシ塗装が快適になりそうです!!

ちなみに、装着した状態で防毒マスクを着けてませんが
何となくのイメージですけど
自分の使っている防毒マスク(フィルター1個タイプ)なら
加工無しでフェイスシールドの下に装着出来そうです。

もし接触するようなら
それこそクリアファイルを購入してきて
まずはソレを型を取って、防毒マスクが接触する部分もカットすれば
自分専用形状のフェイスシールドになるかと思います。

何はトモアレ、おかしくなってしまった自分の目でも
ピントがズレずに今後はエアブラシ塗装が出来ると思うと嬉しい限りでございます。

フェイスシールドが売っているのを見たのは…今日が初めてでした。

自分にとって必要で最適だと思っていた通りの結果にも大満足です。
とはいえ、普通の方なら普通の保護ゴーグルで全く問題無いと思いますので
僕の事情が特殊過ぎた…というだけの結果なのかもしれませんね…

忘れずに次のサフ噴きで使おう。

この記事へのコメント