HG バウンドドック 入手

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日はガンダムファン(一部のガンプラファン?)が待ちに待った
待望の「HG バウンドドック」の発売日です。
gundam-hg-baunddoc01.jpg
僕はバウンドドック発売決定の翌日
地元のオモチャ屋さんに出向いて予約をしておきました。
なので無事に入手する事が出来ましたが…
このお店は来月で閉店してしまいます…

悲しい。
そして、プラモ等の予約は今後どうしたら良いものか…

とりあえず、そんな事も寂しい記念として残ってしまいそうですが
簡単にキットの紹介をします。

と思いましたが、そういう詳細情報は他サイト様等でも掲載されますので
今回はバウンドドックのパッケージ、箱絵・ボックスアートを見て
どの様に筆塗りしようかな~なんて考えたことを記そうかと思います。
gundam-hg-baunddoc02.jpg
最初に…キット発売の時点で困難だな~と思ったのは
バウンドドックのスカート部分、シールド部分なんかは
大きく広い面積のパーツという事です。

大きいパーツの方が塗りやすいのでは?と思われそうですが
実は広い面積のパーツに自分なりの塗り方で色合いの陰影や光源を入れようとすると
どこをどうやって塗ったらいいのか?分からなくなります。

手本無いですから…
今回はボックスアートで光の当たり具合は参考にできますが
色を何色も重ねて塗るとなると、やっぱり自分オリジナルな質感となってしまいます。

なので、僕の作風はボックスアート風であって完全再現ではございません。
そもそも…おそらくですけどCGで描かれた色合いを
絵具等で完全再現するのは無理なので
それっぽく、雰囲気のある塗り方が出来ればいいな~と思います。

解説が長くなりましたが、大きいパーツはちょっと手強いのです。

あと、このボックスアートだと変形時に開くスカートパーツが広がっていて
そこから足が広がるポージングですね。
gundam-hg-baunddoc03.jpg
目を引くビームサーベルのエフェクト部分です。
コレは…チョット作ってみたいですね。
プラ板を炙ってビームの軌道を作って筆塗りしたいなぁ…と思いました。

こういう形状に巧く収める事が出来れば成功ですね。
gundam-hg-baunddoc04.jpg
バウンドドック右側後方に百式が居りますね。
ハマーン達と遭遇したコロニーのシーンだと思いますが…
細かい部分までの詳細は忘れてしまったので
観直さないといけないですね…

百式、ガンプラで用意するのは面倒なので
リアルなフィギュアで対応しよう…かなぁ~??
gundam-hg-baunddoc06.jpg
逆方向にはゼータガンダムもいます。
コクピットハッチが開いた状態ですねぇ…
これ、HGのゼータで再現出来るのかなぁ?
RGならハッチが開きそうですけど…

自宅にあるジャンクのRG・Zからコクピット部分を外して
移植した方が早いかなぁ…

いっそ、僕のイラスト風模型の師匠である「今日さん」が前に実行した様に
それこそ背景全部を手書きしてしまう方が早そうですけど
バウンドドック自体が巨体なので
背景絵を用意するとなると…かなり大きな絵を描かないとイケナイのかぁ…

迂闊にボックスアート再現なんて言ってはイケナイなぁ。
gundam-hg-baunddoc05.jpg
このシーンのコロニーはスイスみたいな雰囲気でしたね。
雪山に高原の湖畔…という感じでした。

本当、背景どうしようか…
塗るかぁ~全部。本当にシンドイだろうなぁ~
gundam-hg-baunddoc06b.jpg
キット箱側面の写真を少しだけ紹介。
自分のイメージより脚部が太い印象ですね。

改造するなら…色々と手を加える方がおられそうで恐ろしいです。
物凄いバウンドドックが数か月後に現れそうです…
gundam-hg-baunddoc07.jpg
MAに変形します。
スカートの中に上半身が折りたたまれて収まっているという
非常にシンプルで下から見ると少々滑稽な状態なのですが
このMA状態はファーストガンダムのビグロ等をイメージしているみたいですね。

納得。

ただ、ニュータイプ専用(対応?)MAですが
遠隔操作武器やNT能力を駆使する武器は元々付属して無い…です。
この後に開発されるMS・MAの為のテスト機要素が強い…のかな?
gundam-hg-baunddoc08.jpg
HGとしては大型なMAなのでガンプラの箱も大きいです。
ただ、手元にペーネロペーやハイゼンスレイ2のガンプラの箱があるので
そこまで箱の大きさに驚きませんでした…

ランナー構成は…取説部分を撮影し忘れましたが
大きなパーツは1枚のランナーにまとめて配置されている訳では無く
細かいランナーで何枚かに分類されているのはありがたいです。

箱はちょっと閉めずらいですかね?ボリュームがあるので。
gundam-hg-baunddoc09.jpg
ランナータグ裏に製造年月が記されているのですが
「2020年 10月」なので今月製造されたばかりの
出来たてホヤホヤなガンプラです。

発売日は当初8月でしたが
そう考えると、純粋に発売日がズレた分だけ製造もズレているという証明かもです。
gundam-hg-baunddoc10.jpg
ランナーを眺めていてちょっと驚いたのは
「アクションベース4」のクリアカラーが台座として
丸々同梱されていた事です!

コレだけで500円ですからねぇ。
製品版のベースが必要な位に大きいガンプラ、という事かもしれませんし
オリジナルの台座を新規で作るくらいなら
製品版をそのまま付属させた方が楽なんだろうなぁ~
なんて考えてはいけませんねぇ。

という事で、今回はHGバウンドドックの紹介…というよりも
自分なりの制作予定・想定なんかを記しました。

発売日は今日なのに、既に店頭での入手は困難みたいなので
どうしても欲しい方は転売品を買わずに
再生産される分をお待ちいただければ…と願います。

先週のフィギュアライズスタンダード・フミナを購入した時にも思いましたが
売れると判っているガンプラは大量生産しても問題ない…気がしますが
どうなのでしょう??

この記事へのコメント