車のスマートキーの電池交換 ホンダ車

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日は夕方久しぶりに地元の大型リサイクルショップに出かけてきました。
自分の車で。

で、今朝ですけど仕事に出かける為に普通に家を出て
普通に車に乗り込んでエンジンスタートボタンを押すと…

妙な警告音が鳴ります。

なんだ???

少し焦りましたが、デジタルスピード表示の下に
「キーのバッテリー」の注意表記みたいなモノが出ていました。

なるほど~
今の車はスマートキーのバッテリーが少なくなってきた事を感じ取って
わざわざ警告してくれるのですね。

ありがたい…のですが、今から仕事に出かける時に警告されても
何も出来ないのが現状でございます。

チョット怖いのは、キーのバッテリーが尽きてしまうと…
車を動かす事が出来なくなるという事ですね。

キーでドアくらいは開けられますけど。

という事で、今日は忘れずに交換用のボタン電池を買わねば!!
と、決意してみましたが、交換作業をどうやるのか?全く分からないので
車に入れっぱなしだったマニュアルを読んで勉強しておきました。

キーの電池交換方法も記されているのですね~
必要なボタン電池も記載されていたので
即、購入して帰宅してから電池交換を行う事にしました。

あ、バッテリーの警告表示が出たのに撮影していないのは
流石だな~と自分でも思います。

では、今日はそんな作業報告です。
s660-key-01.jpg
スマートキーですが、ホンダの一般的なタイプ。だと思います。
まずはレバースイッチを引いてメッキのパーツ部分を引き抜きます。
s660-key-03.jpg
う~ん…普段は外す事が無いのに中にまでホコリが入り込んでいますねぇ。
マニュアルによると、ピンクの線で引いた部分にコイン等を挟んで
ねじる様にしてキーのカバーを外す、らしいです。

解説文にはコインに布等を巻いて
キーの外装パーツに傷がつかないようにしてください。と記されていました。

丁度、近くに手拭いがあったので
それを巻いて金属の工具で「エイヤ」とひねってみました。

s660-key-04b.jpg
チョット硬かったのですが、割と簡単に分解出来ました!
工具を使わずに指だけでは容易に外れない硬さでしたが
それだけ硬くなければ、それはソレで困りますので。

分解してカバーを広げたのですが
何かしらの記載?がある部分は黒塗りして消しています。

側面部分、合わせ目部分が段差になっているのですが
そこにもホコリが結構付着していたので
綿棒に消毒エタノールで綺麗にしておきました。
s660-key-02.jpg
交換用のボタン電池がコチラです。
「CR2032」型です。
割と標準的なボタン電池が使われていました。
キーに取り付けられているボタン電池は4個のt目で固定されています。
こちらも硬いので気を付けて外す必要がございます。
s660-key-05.jpg
という事で完成です。

電池も新しくしたので、最後にくるまの所まで出掛けて
ドアの開閉、エンジンスタートを試しました。

おぉ、電池交換がシッカリ出来ている証明として
スピードメーターのバッテリー切れ…的な通知は出ませんでした。

最後に。
とても簡単に外して分解して、組み変えが出来ました。

あくまで自己責任で交換作業を行いましょう。

この記事へのコメント