switchケース 工具入れ用

皆様、こんにちは。こんばんは。

12月ですね…昨日からダウンジャケット着用で仕事に出かけ
今日からはサーマルタイツ着用で仕事に出かけております。

寒いの苦手なので…

昨日で11月に作るべきプラモも完成して
今日から少しだけ自由な時間が出来るな~と思いましたが
MSアンサンブル祭で作っておくべき一品があるので
まずはソレだけでも完成させます。

小さいから塗る時間は少なくて済む…ハズ…多分。

では、今日は1か月くらい前に購入していた品を紹介します。
switch-case01.jpg
「NINTENDO Switch」専用のケースです。300円。
switch-case02.jpg
ダイソー製ですが、ダイソー製品を取り扱っている雑貨屋さんで見かけて買いました。

Switchを所持している訳でもございませんが
ひょっとしたらプラモの工具入れに使えそうだな…と。

普段、リビングで模型製作しておりまして
片付けを行う際に工具を入れておくのに丁度良さそうだったのです。

他の理由もありますが最後にご説明します。
switch-case03.jpg
色は2色置いてありましたがブルーを選びました。
表側はプラ素材でジッパーを開けると内側がこんな感じです。

左右で分割されていてゴムバンドにネットがそれぞれ取り付けられています。
Switch本体は画像左のバンド部分に入れて固定するのでしょうね。
switch-case04.jpg
中央には仕切りが取り付けられていますが
ここにはゲームソフトが納められる…と思います。
Switch持っていないので、そのあたりは全く分かってないです。

そして画像右側部分が縦方向にネットが取り付けられていました。
早速、普段の組立て工作に使う道具を入れてみました。
switch-case05.jpg
こんな感じになりました。

バンド部分にはニッパー。
毎回、シッカリ付属していたケースに収めているのです。几帳面ですねぇ…(どうだろう?)

そして右側ネット部分にはナイフ等の削り処理工具を入れました。
ペンタイプのモノばかりなので、縦方向ネットに丁度収まって良い具合でした。

で、ず~っと使い続けていますが全く支障が無く
ネット側の工具も特にズレたりせずに収まってくれているので
保持力も結構あるなぁ~と思いました。

普段はプラケースを工具入れに使っていましたが
コチラの方がコンパクトでクッション性もあるので
保管するには最適かな~と使い続けております。

では、何故自分が工具を入れる為にこのSwitchケースを購入したのかと申しますと
簡潔な理由がございます。

それは…工具が錆びるからです!!!

僕の自宅裏は割と近くに堤防・海岸・海がございます。
夏場や陽気の良い時期は普通に窓を開けて生活してますが(換気出来ますし)
海に近すぎて自宅室内にあるモノがどんどんと錆びたり風化していくのです!

購入してピッカピカだったブラス製のウォレットチェーンは
普通に部屋に置いていたら…半年後には完全に風化して艶が一切なくなりました!!!

画像にも写っている片刃ニッパーですが
3年くらい使い続けて…連続して制作に取り掛かっていない場合は
毎回ケースに収めて保管しているのに…チョット錆が出ている箇所があるのです。
使用に支障はないのですが、それでもやっぱりモノを長く保管するなら
錆を防ぐための事をやらなければイケナイと痛感したのです。

シルバーアクセもアッという間に酸化していくので
透明のジップ付き小袋に全て入れて保管するようにしました。時計類とかもですね。

そういう地形的な理由、海に近すぎる場所だからという理由から
金属製の工具をシッカリ・尚且つ最適に保管したいな~という気持ちから
このSwitchケースを見かけた時に「使えるかな?」と試したくなったのでした。

是非、皆様も使ってみて下さい!
とはチョット言いづらい品ですけど
適度に大きくて中身の保持性もあるケースなので
300円ならお買い得かな~と、個人的には満足しております。

この記事へのコメント