SD 三国創傑伝 孫堅ガンダムアストレイ

皆様、こんにちは。こんばんは。

今は良くなったのですが
今朝は全身の筋肉が硬直するような…
体が張りまくる状態になりました。

たま~~に起きる症状なのですが
マッサージ器具を使って背中のマッサージを自ら行って
現在は何とか不快感が減りました。

子供の頃から体が悪すぎて
自らの対処法が身についているのは良い事なのか…どうなのか??

さて、ここ暫くは決まった模型製作に励んでいたので
今だけ若干…自由に模型製作できる余裕があります。

余裕がある…と言っていいのか?分かりませんけど
たまには軽く何か作ってみたいな~と思ったので
gundam-sd3-son-ast01.jpg
「SD 三国創傑伝 孫堅ガンダムアストレイ」を組み始めました。
組んだパーツを箱に入れている状態で
パーツを出すのが面倒なのでパッケージ箱写真は無くて
取説表紙画像からの紹介です。
gundam-sd3-son-ast02.jpg
コチラがイメージイラストですね。

アストレイっぽいパーツは一部に残っていますが
全体的にはかなり異なる迫力のあるスタイルになっています。

黄色・金色パーツがありますが
金色部分が金属・武器パーツで
黄色部分は…毛皮っぽい、イラストだと柔らかい質感に描かれておりますね。
gundam-sd3-son-ast03.jpg
コチラは取説裏面のキット解説部分です。
gundam-sd3-son-ast04.jpg
キットの写真ですが、イラストと比べると横幅の迫力のあるシルエットです。
まぁ、ポージングでも印象が異なってくるかもしれませんけど。

この完成見本写真だと、赤のクリアパーツは塗装されていますね。
黄色のクリアカラー部分がそのまま使われている…という感じです。

取説写真だと判り辛いのですが
手足等の肉抜き部分は…処理せずそのまま塗装完成させているっぽいです。

あ、ちなみに孫堅ガンダムアストレイを組み始めた理由は…
特に無いです。

作りやすいかな…と。
武器の肉抜きが少ないっぽいので。
gundam-sd3-son-ast05.jpg
という事で、ボチボチですけど組み始めてみました。

今までのSDシリーズと違うな~と思ったのは胴体の部分ですね。
S字に出来るような胴体・腰部分の接続になっていました。
また、肩接続部分の受けの取り付け方も今までのシリーズと違ってました。

頭部から組み始めましたが
髪の毛のクリアレッド部分、毛先近くにパーティングラインが前面に出てますが
処理せず組んでしまいました。

面倒かな…と。

顔側面~顎に当たる黒パーツは顎部分に合わせ目があるので接着しましたが
そうすると…取れなくなりますので後ハメ加工するのが良いでしょう。
僕は全部付いた状態で筆塗りしてしまいますが…

三国創傑伝キットのクリアパーツは透明度が高いので綺麗です。
また、金色パーツも豪華な色合いに見えるので
お子さんがそのまま組んで楽しむにも良いキットだと思います。

まぁ…筆塗り全塗装する僕は
容赦なくクリアパーツも塗り潰します…
gundam-sd3-son-ast06.jpg
で、割と順序通りに組み立てているのですが
偶然?手足内側・足裏部分の肉抜きが多い部分がランナーに残ったままでした。

気軽に組んで、気軽に塗りたいな~という気持ちがあるのですが
肉抜き部分だけはエポパテで適当に処理を済ませておこうかとおもいました。
足裏はそのままにしますけど。

筆塗りを楽しみたいので、出来ればパチ組みくらいで塗装したいのですが…
どうも、普通に組むだけでは気が済まない性質になってしまったようで
大雑把でも肉抜き処理はして、パーティングラインもざっと消しておいてから
塗装に入りたいと思います。

クリアパーツが多いのでチョット処理が大変そうなのですけど…逆に。

とはいえ、カッコいいデザインですし
数々のキットが用意されておりますし
筆塗りしがいがある…ひょっとしたらディテールが細かすぎて辛くなるかもしれませんが
気になる三国創傑伝キットは買い集めております。

作ったら楽しそうなんですけどねぇ…
作る余裕が全くないなぁ…と。
この孫堅ガンダムアストレイも完成させられるかどうか?

この記事へのコメント