LEDライト

皆様、こんにちは。こんばんは。

完全に体調が回復した訳ではございませんが
熱は無いので今日から仕事復帰しました。

普段は、家に帰ったら模型製作が出来る
という気持ちになるですが
この体調だと、家に帰ったら寝れる…
と切実に思えました。

という事で特にネタがございませんが
今年の1月に自室の室内照明を変更しました。
led-heyadenki.jpg
円形で傘が付いているLEDライトです。NEC製。

築35年以上経過している(と思うと随分昔)自宅なのですが
室内の照明は蛍光灯4本がむき出しになっている
ちょっと変わったタイプの照明が付いていました。

建築する際に「コレがいい」と選んだ事を覚えています。
そのデザインが逆にカッコいいな~と思ったのです。

で、普通の蛍光灯を度々交換してきた訳ですが
随分と経過していますし、蛍光灯もそれなりに良い品を使っていて
毎回交換するコストに電力代を考えたら
LED照明に変更した方がいいな…

と、ようやく気付いたのでした。

地元の家電量販店を巡ってみたのですが
部屋のサイズに合うタイプを選びました。

コレの良い点といいますか、今時珍しいのは
チェーン紐を引っ張って明るさを変えるタイプです。
リモコンはありません。必要無いので。

このタイプの照明がもっと前にあったのならば
祖母の為に買っていたのにな…と。

円形で傘のあるタイプを選んだのは
元々付いていた4本蛍光灯の照明の台座(取り付け部分?)に
実は室内照明の接続プラグも追加で付属していたからです。

つまり、前に付いていた蛍光灯器具を外す事無く
この新しいLED照明のプラグを取り付ける事が出来るので
これなら簡単だ!と、気付いたのがコチラを選んだ理由の一つです。

という訳で、プラグを繋げるだけなので
箱からLEDライトを取り出して、ハイベッドから手を伸ばして
LED照明のプラグを繋げて…作業完了です。簡単で早い!!

画像がありませんが、コードはLED照明器具の中にねじ込む事で
長さを調整出来て傘の高さを好みに変更できます。
自分は天井付近まで高い位置に設定しました。

明るさ調整のチェーンも普通に手の届く位置ですし
明るさは…若干前より控えめな気がしますが
発熱しないので夏場も以前より快適でしょうし
当然の如く、電力は…激減しているので
もっと早く好感しておいても良かったのかもしれません。

ただ、取り付けて使ったからこそ判った事ですが
夜間照明・豆電球モードだけ気になりました。

何も考えずに取り付けしたのですが
夜間照明のLED発光位置が実は斜め位置になっていて
ベッドに近い位置でした。

流石に明るすぎるので
LED照明を一旦外して、プラグの位置を180度変更して取り付け直しました。

些細な事ですけど、取り付けて実際に照明を点灯してみないと
夜間照明のLED位置が判らなかったので
こういう事が気になる方は
かならず取り付けてスグに証明位置を確認するのがオススメです。

まぁ、僕の部屋の場合は簡単に取り外しできる形状だったから良かったのですけど。

何だカンダで長い文章になってしまったなぁ…

話は一番最初に戻りますが
38度の熱でうなされている最中、真夜中ですけど
本当に体調が悪い時…実は部屋の照明を暗くする事が出来ず
明るい状態でベッドに伏せてました。

人間、肉体的だけでなく精神的にも弱りきると
部屋を真っ暗にするのが…恐怖にも感じるので
明るくしてしまうのは僕だけでしょうか??

一晩で熱が下がり切ってくれたのは、本当にありがたいです。

というお話。

この記事へのコメント