クリップストリングライト 5CLIP 

皆様、こんにちは。こんばんは。

気付けば明日がホームページ
「リューノガレージ」の解説記念日でした。

日付に理由は無く
実は始めようとした直前に体調不良になって
解説がしばらく後にずれ込んだのですよねぇ…

という事は、あの体調不良の時が何年前か何となくわかるのか…
2日で3キロ痩せましたから…

特に企画も何も考えてません。
14周年みたいです。

ブログは…10年くらい続けているのかなぁ?

さて、昨日はクリアカラーのアースリィガンダムの
撮影に使ったLEDライトを紹介しましたが
その際に、追加で使ったLEDライトを紹介します。
daiso-led-clip01.jpg
ダイソーで購入した200円の
「クリップストリングライト 5CLIP」です。

何かに使えそうかな~なんて思って購入しました。
既に出した状態で撮影したので…箱だけです。
daiso-led-clip02.jpg
箱の裏側はこんな感じでした。

P6130033b.jpg
今回制作したアースリィガンダムのクリアカラーですが
全部のパーツが完全にクリア化されている訳でも無く
一部パーツはグレーの元キットと同じ状態でした。

更に、一番問題になるのが
モノアイ周辺と顎部分の赤クリアパーツが連結している状態で
そのクリアレッド部分がクリアホワイトから透けて見えてしまう事でした。

なので、ガンダムシルバーで塗ったのですが
シルバーで塗った分だけ光の通過がなくなってしまい
頭部だけが暗い印象になったのでした。

後になって、赤パーツを分割して
接着して固定すればシルバーで塗らなくて良かったのでは?と気付きましたが…

一日で無理矢理完成させたのでやむを得ないです。
次以降に生かします。

P6130147b.jpg
また、コアガンダムの胴体部分もグレーパーツ構成で
その部分にもシルバーを塗りましたが
結果的に下から当てたLEDライトの光の通過が更になくなって
頭部・顔周りだけが更に暗くなってしまったのです。

困ったなぁ…
そこで、前に購入していたクリップLEDライトを使おうと思いついたのでした。

普段、ガンプラ撮影を行う際には
レフ板代わりに鏡を正面側に置いているのですが
今回は、その鏡の縁にクリップライトを取り付けて
顔に光が当たる…ような形で撮影しました。

あまりに正面からの光源が強すぎると
下からの発光が弱まりそうだったので。

daiso-led-clip03.jpg
という事で、肝心のクリップライトの紹介です。
クリア素材のクリップが5個連結しています。

それぞれの間隔は…5センチくらいでしょうか?

daiso-led-clip04.jpg
いわゆる、洗濯バサミのような形状です。
何かに簡単に取り付け、取り外しができるので
ちょっとしたイルミネーションを作る際に使えるかと思います。

ただ、単三電池を2本使うので
長時間の点灯は電池消費が激しいかもしれません。
充電池でも大丈夫だと思います…使えば良かったかな?

daiso-led-clip05.jpg
発行させた状態を撮影しました。
たまたま…周りが暗くなったのか?
照明を落として撮影したのか??忘れました。

光の強さは、やや弱い感じです。
単4電池4本を使っている、台座に使った円形のLEDライトと比べると
明らかに台座の方が明るかったのですが(強さを3段階調整できますが)
今回に関しては弱めの光で照らしたかったので丁度良かったです。

ガンプラ等の撮影時の補助ライトとして
ちょっとした部分で、角度を付けて撮影したい今回の時の様に
使い勝手が良い…と思いました。

という訳で、今回はクリアカラーのガンプラを
何かしら表現を加えて作ってみましたが…
P6130176b.jpg
結果はまずまず…という位でしょうか?

しかし、テスト試作を行わないと
どういう状態になるのか?感覚も分からないので
今回の制作は、一日で無理矢理行いましたが
とても収穫があった制作だったといえます。

クリアカラーのガンプラは…まだ大量に所持しておりますし
またの機会に綺麗な発光具合で作れるといいな~と野望が出来ました。

この記事へのコメント