中古プラモ確認

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日、地元の大型リサイクルショップB店舗で購入した購入した中古プラモ。
帰宅してパーツ確認しようと開封したら…

毎回、パーツ確認する為に取説のランナー一覧の図を見るのですけど
そもそもの組立て説明書が入ってませんでした!!!

おぉぉ…
そんな事があるのかい???

念の為、確認しましたが(念を押すほどでもない)
デカールの下にも無いし…
無いなぁ…

大体、パーツ欠品とかある場合は
値札の所とかに「パーツ欠品」とか「組立て途中」とか「開封済み」
という記載があるのですけど…

「取説欠品、ありません」という記載は無かったのでした。

うぅむ。
取説だけならネットオークションで入手できるのかもしれません。
でも、取説無しという欠品状態で販売していたという事に納得できず
昨日出かけたばかりですけど夕方再度お店に行きました。

で、レジに持って行ったわけなのですが
内線電話で誰かとず~~っと話をして
10分くらい待たされて、ようやく返金して貰いました。

取説が無いという状況はすぐに確認して貰ったのに
返金手続きを聞いていたのか…
延々と待たされるのなら、その間お店の中をプラプラ~っとしたかったです。

特に「取説入ってないんじゃい!」とか
声を荒ぶる事もせずに
大人しく「すいません、取扱説明書が入ってなかったのです」と持ち込みしたのでした。

まぁ…滅多にこういう事は無いのですけど
前にGディフェンサー(ガンダムMk-Ⅱに取り付ける戦闘機)を中古で購入したら
デカールが入っていなかったし…
(それから、購入して帰宅してからパーツ確認するようになりました)

FFのフィギュア購入したら関節ボロボロに折れまくっていた…事もありました。
フィギュア破損は2~3回あったかなぁ。

最近は割とパーツ破損、欠品等の記載をシッカリ表記するようになったのですが
(地元のリサイクルショップ数店舗で)
まさか、取説が無いとは…
取説が無いと買取の際にパーツ確認が出来ないのになぁ…と。

まぁ、買取後に紛失した…のかもしれませんが
それはソレでお店として宜しくない姿勢でございますが
そういう偶然のミスに今回遭遇してしまったのでしょうかねぇ。

とりあえず、不運な事に巡り合ってしまったので
こういう出来事があった時は
不運が連鎖しないように自分の行動を気を付けて
用心する…というと大袈裟かもしれませんが
気の持ちよう、行動を正さないといけないな~

というサインだと思うようにしています。
おかしな発想かもしれませんが
漫画の「アカギ (天)」に登場する「赤城しげる」の信念といいますか
ちょっとした不運や気付きがあったときに
気を付ける、気を配るような考えに共感したのでした。

まぁ、アカギの場合は勝ちすぎる事をしない…という逆の発想ですけど。

まぁ、漫画の事を真に受けて考えるのも如何なモノか?と言われそうですけど
勝ちを重ねる事、負け・不運を重ねないようにする事も
考え方としては似ているのかな~なんて。

という、僕の勝手ながらの考え方でした。

で、そのリサイクルショップのクレーンゲームで
たこ焼き機の指定した場所にクレーンですくったピンポン玉を入れると
景品ゲットという(割と全国的にある)クレーンゲーム筐体があるので
不運な今、逆に良い事があるかも!

と、500円くらい使ってみましたが
景品獲得出来る事も無かったのでした。

やっぱり、運が悪い出来事の後に一気に良い事が起こる訳もなかったですねぇ~ガックリ。

昔、100円か200円でたこ焼きクレーンゲームで景品獲得出来たことがありましたが
あれは…本当に運が良かっただけなのだなぁ~と。

おみくじ引くより、今の運の良さを図るには
こういうお店の運任せクレーンゲームを試した方が
分かり易い気がしますねぇ~いや、違うか??

この記事へのコメント