飛ばす方法

皆様、こんにちは。こんばんは。

ブログを記している時間が無くなってしまったので
(日付超えた…)
簡単に日常の事を記させて頂きます。

昨日は公会堂清掃に出かけてから
シャワーを浴びてエアコンのある居間で涼みながら
オリンピックのスケボーを視聴しておりました。

で、ふと思った事なのですが
僕の弟はサーファーでして波乗り歴は…そろそろ30年を迎える位です。
1年位前に弟の家に出かけた時にスケボーの練習をしておりました。

まだ始めたばかりとの事でしたが
止まった状態でオーリー(ジャンプ)の練習に励んでおりました。

しかし、中々巧くできない…と苦戦していたのです。

うぅむ…僕も詳しい訳では無いので
どうやるのか?コツも判りませんでした。

しかし、昨日のスケボー、今日の女子スケボーの映像を見て
一つ分かった事がありました。

後ろ足でボードを踏み込んで前側をあげる
というのは判っていたのですが
オリンピックのスケボー競技のスロー映像を見ると
踏み込んだ後ろ側のデッキ(ボードの後方)が地面に接して
木製のボードがしなって、跳ね上がり宙に浮いていたのでした!!!

そ…そうだったのか!

物凄く納得しました。
そう考えると…弟は動かずその場でジャンプの練習をしていましたが
ボード後方のデッキ部分が地面には接していなかった記憶が蘇りました。

なるほどなぁ~
ただ踏むだけでボードが宙に浮く訳無いよなぁ…

ロードバイクで自宅裏の海岸堤防を走りまくっていた時(4~5年前)
堤防でスケボーを練習している若者を何度か見かけましたが
やはり、トリックの基本のオーリーには苦戦していました。

自分の性分なのですが
割と運動神経が良い(と呼ぶのもオカシイ話ですが)
スポーツとか、子供の頃か要領よく時間をかけずに色々と出来たのですけど
こういう仕組み・体の動かし方等の理屈を知るのも好きなので
理論があってから実行した方が成功率が上がる…気がする…
そんなタイプだと思っております。

で、何を考えたのかと申しますと
スケボー、少しだけやってみたいな~と思ったのでした。

自宅裏の堤防で存分に練習できますし…
ただ、今更そんな危険なスポーツをやらなくても良い気がしますし
ロードバイクの時に使っていたヘルメットが使えるな~なんて考えてしまいます。

オーリーが巧く出来るようになるのか?
ちょっと挑戦してみたい気持ちになったのでした。

それだけの話でございます。

この記事へのコメント