ガンダムマーカーEX メッキカラー

皆様、こんにちは。こんばんは。

夕方、お遊び制作として
とあるキットに下地としてシルバーのサフを噴いたのですが…
部屋中にちょっとシルバーが舞っておりました。

自分の腕も少しキラキラと粒子が飛んでましたし…

塗装ブースとして使っていた羽無し扇風機の限界が近いのかもしれないので
そろそろ…新しいブースを自作しよう。シッカリしたモノを。

さて、10日ほど前になりますが
少し遅れた地元での放送のタモリ倶楽部にて
コチラが紹介されておりました。

gundam-marker-mekki01.jpg
「ガンダムマーカーEX メッキカラー」です。

タモリ倶楽部番組内ではメタル塗装・工作の特集をしておりましたが
おそらく、収録した頃はこのガンダムマーカーは売り切れ続出の期間だったと思います。

先週再販されましたので、丁度良いタイミングですし紹介しようかな~
と思いましたが…このメッキを使って何も塗っていないです。

とにかく、お手軽にメッキ再現が出来るという事で
模型業界・ガンプラ好きがざわついたのでした。

gundam-marker-mekki02.jpg
パッケージ上部もメッキカラーになっております。

gundam-marker-mekki03.jpg
開封もしていないので恐縮ではございますが
ガンダムマーカーの筆先は斜めにカットされた状態です。

最初に使う時は筆先を軽く押し込む事で塗料が流れてきます。
塗料の出が悪くなった時にも筆先を押し込むと再度流れてきますが
あまりに押し込みすぎると…大量に塗料が流れ込むので注意が必要です。

以前、何かでやらかしましたので…
ドバ~~~っと塗料が出まくりました。

gundam-marker-mekki04.jpg
裏側画像は…これしか撮影してなかったです。

あ、タモリ俱楽部番組内で解説が出てましたが
完全に乾くまで1週間が必要らしいので
ある程度、作業の事を予定しておいてから塗るのが良いですね。

そしてお値段ですが1本600円です。
通常のガンダムマーカーは200円(だったはず)なので3倍の金額ですが
メッキの塗料はエアブラシ用でも通常塗料よりもかなり割高なので
そこまで異様な金額設定ではございません。

ツイッターでモデラーさんがこのガンダムマーカー・メッキの
中に入っている塗料を全て出しておりましたが…
かなり少ない、と思いました。

HGのガンプラでも全部を塗る為には数本必要になるかと思いますので
やはり、塗るポイントを限定して見栄えするディテールとして組み込むのが
正しい使い方のような気がします。

タモリ倶楽部内では缶スプレーのメッキカラーも紹介しておりましたが…
実は、僕もホームセンターでメッキスプレーをチェックしたりしておりました。

どんな感じなのかな?と気になったので。

でも、普段は筆塗りしているので
どうしても…自分の塗り方に組み込めないので
エアブラシ塗装する時に使う他、ないのでしょうねぇ…

この記事へのコメント