山梨市プラモデル作品展示会に行こう! リューノレポート11 疾風怒濤撮影編 其の参

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日の午後は…山梨の展示会に出かけた時に借りた
親の車、BMW X1とお別れの日でした。

カーナビには苦労させられましたが
それも良い思い出であり、会話のネタになってくれました。
父親を安全に目的地まで運んでくれて今までありがとう。

ちょっぴり寂しいのですが、これもいつかやってくる別れの一つです。

僕にとっては、山梨まで出かけた事が最大の思い出になってくれるでしょう。

という事で、早速、山梨のプラモデル作品展示会の様子の続きです。

yamanashi-e14kaijou1.jpg
今日は…入口の正面すぐのテーブルから紹介します。
…ナンバーとか打っておいて、分かり易くしておけば良かったなぁ。
今度修正します。

この図ですと右上、会場からは左側から流れて拝見・撮影した順になります。
PC050287b.jpg
最初に置いてあったのがお子様モデラーの作品です。
オイラ、4歳の時に作ったのがガンプラブームの夜明けの時代だった時で
1/144シャア専用ザクでした。

肩のCリングを接着して動かなくなったのが良い思い出…
この子も、この作品を作った事を覚えていてくれるのでしょうか?

PC050291b.jpg
その隣、テーブル左から順に右に移動して撮影しておりますが
コチラの3機はアイススピードさんの作品です。

アイスピさん…GBWCで隣だったご縁ではございますが
凄い技術力なのに、キャラクターが今だに把握できない…不思議な御方です。
PC050296b.jpg
アップの写真撮影も行っていたのですが
ピントが合っていない写真が多かったです…残念。他の方の作品でも、です。

モニタータッチでピントを合わせて撮影すれば良かったのかなぁ?今後の反省点です。

PC050288b.jpg
アイスピさんの作品はツイッターで良く拝見しておりますが
コチラはガンダムW外伝に登場するジェミナス01。

元キット、フリーダムだったのか…知らなかった。
今回の展示会で思った事ですが
MGのフリーダム、ストライクフリーダムは1回作っておかないと
凄腕モデラーさんの超絶作品の本当の凄さが判らないなぁ…って事です。

組まないと細かい部分まで把握できないので
今度、作りたいなぁ~と、勉強の為に必要だと感じたのでした。

なので、アイスピさんのこの作品を見ても、何処に元々の形状が残っているのか?分かりません。
元の形状がゼロなのかもしれませんけど。

PC050289b.jpg
コチラはSEED外伝に登場するドレッドノートガンダム。
これもMGでは発売されていないMSを立体化させています。
今年のオラザク一次通過作品でもございます。

ピントがバックパックに合っているなぁ…
名前…完全に忘れてますが、背中の背負い物は
レジン複製していたような…そんなツイートを見た記憶がございます。

まぁ、間違っていたとしてもアイスピさんの作品だからいいか。(よくない)

(調べました、Xアストレイのドラグーンシステム、という呼び名部分ですね)

PC050290b.jpg
そしてテスタメントガンダム…を
Gセルフな感じにした作品ですね。

しかし、アイスピさんの作品は見た目もですが
立たせ方、ポージングもカッコいい、キマっています。

そして台座ですが、アクリルフレームにネジを差し込んだだけといいますが
その間に文字のフォントを凝らしたネームプレートが入っています。
こういう細かい部分まで手を込んでいるのも流石でございます。

ただ、ちょっとその作業をしている姿は想像したくない…気持ちがございます。

PC050295b.jpg
その右隣の3作品。札が…ちょっと読み取れなくて恐縮ですが
百錬をツイートか何かで流れてきたのを見た記憶があるような…違っていたらすみません。

PC050297b.jpg
うっちーさん△の作品。
お名前は拝見した記憶があるのですが…会場ではお話し出来ませんでした。

PC050298b.jpg
コチラはダミアン教授さんの作品。
プロモデラーさんとして名前は存じ上げておりまして
会場でも札を付けている姿を拝見しましたが…お声がけする勇気はなかったです。

PC050300b.jpg

PC050301b.jpg

PC050302b.jpg
細かい部分まで手が加えられていて…よく見えないレベルですね。
作品もさることながら、この展示方法が見栄えするなぁ…と勉強になりました。

揃った統一感のあるディスプレイスタンドはカッコいいですね。

PC050303b.jpg
コチラの3作品はKaine(かいん)さんの作品。
この御方もプロモデラーさんでございます。

それぞれのアップの画像が無いのですが(あったのは後ろにお客さんが写り込んでました…)
もっとシッカリ見ておけば良かったです。写真も無いので見返せない…

模型サークルFirstAgeさんに所属されているのですが
同じサークル内のプロモデラーGAAさんが作った
GM/GMを使ったガンキャノンが世界一カッコいいガンキャノンだと衝撃を受けたのですが
こちらの作品は…そのGM/GMで皆さんが何かを作ろうとした企画作品だったのでしょうか?

あくまで僕の勝手な推測です。
しかし、GM/GMのポテンシャルの高さにモデラーさんの技量が加わると
存在感のある作品に仕上がるのですね…

GM/GMなんて脇役プラモだったはずなのに。

この3作品は頭部を変更して、土日で違う姿だったみたいです。
下に別頭部パーツも置いてありますが


PC050304b.jpg
そしてmomokiさんの作品、ギャンゲルデ。
会場、作品の前でお話が出来ましたので良かったです。

PC050305b.jpg
確か、完成ツイートが流れてきたのは拝見していた記憶がありました。

初ミキシング作品との事ですが…
スタイリッシュでカッコいいですね!

余計なモノは付いていない、格闘に振り切ったMS…というイメージが強烈に湧いてきます。

他のお客さんが「このギャンかっこいい」という言葉を
motokiさんが居ない時に作品の近くに居て聞いたので
その事をシッカリお伝えしておきました。

他の方の作品ですけど
一般のお客さんが褒めてくれる言葉を聞くと自分も嬉しくなるのでした。

という事で…まだテーブルの半分なのですが本日はココまでです。

この分だと…あと2週間はレポート書き続ける事になりそうです。
怖いなぁ…

そして地味に疲れる。シンドイ。
出来る限り頑張ります。

そして、ブログネタがたまる一方です。

この記事へのコメント