山梨市プラモデル作品展示会に行こう! リューノレポート19 疾風怒濤撮影編 其の十一

皆様、こんにちは。こんばんは。

数日前に…チョコボール・キャラメル味を食べていて
キャラメルに銀歯泥棒されたのですが(外れた)
本日夕方、予約していた歯医者さんに出向いて
無事、とれた銀歯を再接着して貰いました!

普通に外れただけなので…良かったです。いいのか??

結構派手に削っていた部分だったので
この間の食事は気を使いましたが(歯に詰まりまくりましたが)
これで安心して年末年始の食事が出来ます。

では…物凄く続いている
山梨プラモデル作品展示会のレポートの続きです。

本日はスケールモデル画像を一気に紹介致します。
撮影した順番での紹介です。

PC050418b.jpg

PC050419b.jpg
ラリーのセリカ…セリカでいいのかな?
カッコいいですねぇ…一度、作ってみたい風景です。

PC050420b.jpg
細かくてカッコいいスタイル。
アメカジ好きなので、こういう光景も一度作ってみたいです。

PC050421b.jpg

PC050423b.jpg
細かい部分も凄いのですが、床面・地面の作り方に注目してしまいます。

PC050425b.jpg
ある意味、この展示会で一番驚いた作品かも…
どういう作り方をしているのか?聞いてみたかったです。
食品サンプルと同じ製法なのかなぁ??

PC050429b.jpg

PC050430b.jpg
戦艦の海面表現も一度試してみたい…
しかし、赤城が細かすぎてます!!!

PC050426b.jpg
15時過ぎに撮影したので西日が入り込んでしまっておりますね…
でも、リアルなスケールモデルだと逆にリアルさが引き立つのかも。

PC050427b.jpg

PC050428b.jpg

PC050431b.jpg
小さいけど凄い作品ばかり。
フジィさんとは…プロモデラーさんのフジィさんでしょうか?
何となく見かけた事のある作品です。

PC050432b.jpg
コチラも西日を浴びた作品です。

PC050433b.jpg
真ん中の戦車、イラスト風模型の箱絵再現をするならば
こういう表現を身に付けておきたい…と思える凄い見栄えです…
と思ったら、雑誌作例でしたので当然の出来栄えでございますね!!

モデルアートの筆塗り・塗装表現の雑誌は購入したのですが
それに掲載されていた…のかなぁ?違うかなぁ??

いや、本当に凄いとしか言いようがない。実物をもっと観察しておくべきでした。

PC050434b.jpg
週刊セリカを作る。のエンジン!
迫力があって、コレだけで販売して貰いたいですねぇ。
エンジン、カッコいい。

PC050435b.jpg
帆船モデルは…もうよく分からないレベル。
コチラもフジィさんの作品でございました。

PC050436b.jpg
細かい作り込みに、凄い海面の切り取り方!
と思ったらコンテスト受賞作品でございました。大納得。

PC050437b.jpg

PC050438b.jpg
雪質感も試してみたい…そんな表現が色々と拝見出来ました。

PC050439b.jpg

PC050440b.jpg

PC050441b.jpg
凄く関係の無い話ですが
ハセガワプラモデルコンテストで自分が作ったF-117Aナイトホーク
いつも通りに箱絵再現して…受賞はなりませんでしたが
ピックアップ作品・社内選考通過をしていたみたいです。

こういうリアルな戦闘機が数多い中で
よく選考を通過できたなぁ…と改めて実感するのでした。
筆塗り描写だけなので…頑張りましたが、よくやったなぁ…と。

PC050443b.jpg

PC050444b.jpg

PC050445b.jpg

PC050446b.jpg

PC050447.JPG
全ての作品の画像がある訳では無く
さらに画像紹介のみで恐縮ではございますが
一応、全ての作品には目を通させて頂きました。

キャラクタープラモ、特にガンプラの出展数が多くて(僕もですが)
リアルなスケールモデルが少ないのは…今のプラモを取り巻く状況みたいですけど
ガンプラが品薄ならば、スケールモデルをカッコよく仕上げるのも
プラモデルの楽しみ方の一つだと思います。

先程、お伝えしましたが
ハセガワの80周年プラモデルコンテストの応募総数は
GBWCと同じ位の1200作品!!!

戦闘機・洗車だけでなく、車やバイク、そしてキャラクターモデルもありましたが
色々なプラモを楽しんで制作している方の姿を
作品を通して感じる事が出来ました。情熱あっての完成形です。

う~ん…自分もガンプラばかりでは無く
こういった違う方面の作品をキッチリ仕上げる事が出来てこそ
モデラーとしての技量が上達する…気がします。

でも、ガンプラの積みが多すぎるので…手を出す余力が無い現状でございます。

スケールモデルのモデラーさんとも、もっとお話ししておくべきでした。
限られた時間の中では、撮影で皆さんの作品の記録をしておくのが精一杯でした。

ひとまとめで恐縮ではございますが
コレで…あと1回のブログ記事で作品紹介は全て終わりそうです!

頑張った…オイラ。
何も得する訳ではないけど、シッカリお伝えする事も
展示会に参加した意義でもございます。

この記事へのコメント