KOTOBUKIYA フレームアーティスト 初音ミク 胴体組立て

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日で僕の長い連休も終わりです。
しかし…昨日のTV作品紹介の事もあって
精神的には全く休まらない…疲れた連休最終日となりました。

今日も特に何かをするわけでも無くボケーっと過ごしてました。
軽く掃除をした位ですねぇ。

今週末の日曜日は東京で模型展示会があるのですが
最近はコロナの状況も変わってきましたし
外国人観光客の方も増えているみたいですし
今までの様に模型展示会に出向くのとは少し雰囲気が違う感じです。

とりあえず…用心しまくるだけでしょうか。
久しぶりにお合いする方も居られるので
それを楽しみに明日からの仕事に励みます。

さて、そんな感じで正月明けから全く模型作業が進んでおりませんでしたが
コトブキヤの初音ミクのキットを昨晩は組んでいました。

1~2時間くらいかけて作ったのが胴体部分です。

kotobukiya-miku13karada.jpg
コチラになります。
初音ミクをよくご存じの方なら特徴がお分かり頂けるかと思いますが
グレーとブラックの衣装にミントグリーンの配色が再現されています。

また、ネクタイを身に付けているのも特徴ですね。
そういえば、ウォレットチェーンみたいなパーツはありませんでした。

あと、気付いたら背中部分を撮影していない…
頭部を組んだ写真も無い…です。

kotobukiya-miku09.jpg
先日の画像を使いまわします。
組立て順は、説明書通りに進めていますが
ツインテール→頭部→胴体です。

なので残りは手足と、腰に付けるスピーカーみたいなユニットパーツです。
残り少なく…感じるのは気のせいでしょうか?

普段はガンプラ等のバンダイプラモを作ってばかりおりますので
コトブキヤのプラモを作ると新鮮な気持ちになります。
パーツ構成等も複雑ですし、エッジも効いていて触ると痛い箇所もあります。

単に女性型プラモをそんなに作っていないから
新鮮味があるのかもしれませんが。

ここまで組んでいて気になった所といえば
1センチ以下の小さいパーツが多くて
誤って床にパーツを落としてしまい…探すのに時間をロスしました。

昨晩だけで5個くらい落としたかなぁ…
手元の握力が無くなっているのか?
もう若くないのかなぁ~と悲しい気持ちになります。
普通に手先の器用さが落ちているだけかもしれませんが。

エアブラシ塗装される方は、後ハメ加工とか必要な個所がありましたが
僕は筆塗りで塗り分けるので普通に組み立てています。

ただ、パーツ構成が小さく複雑なので
一つ一つのパーツを処理しつつ進めているので時間はかかっています。
最終的に表面部分はペーパーがけするので
それ以外の部分を綺麗にしている位です。

この初音ミクはFAガール名目では無く
フレームアームズ(FA)のロボット的な要素が詰め込まれたデザインなのですが
パーツ構成から色分けがシッカリしているので
普段塗装を行わない方でも、組み立てて少しスミ入れ等を行うだけで
見た目は綺麗に仕上がるかと思います。

MGのガンプラくらいのお値段ですけど
初音ミク好きな方にはオススメ出来るカッコ良さです。
女性型キットにカッコいいというのもなんですが。

この記事へのコメント