缶バッジカバー (コレサポ)

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日から仕事始めです。
いつもの出勤時間で通る道に小学生も歩いていたので
学校も今日からなのでしょうかねぇ?

それでも、一般道は若干車の量が少なく感じたので
大きな工場が稼働するのは来週からなのかもです。

朝起きるのが辛い…という事はありませんが
朝の寒さが辛過ぎる…という事を再認識しました。

さて、明後日の日曜日に東京に出向いて
「粉模展」という模型展示会に遊びに行きます。

単純に見学に行くだけなのですが
やはり…ちょっと心配なのはコロナの蔓延具合です。
お知合いのモデラーさんも現在感染してしまった…という情報を見聞きしました。

うぅむ…
用心するなら、本来なら出歩くのを控えるべきなのですが
久しぶりにお会いする方もいらっしゃいますし
楽しみと不安が入り混じる…そんな気持ちで出かける準備をしていました。

地元で何かするわけではなく
東京に行くわけですからねぇ…
あまり人出の多そうな場所ではなさそうなのが幸いといいますか…
どうなるのかなぁ。安全第一。
とりあえず、食料は買って持ち込んで
人気の無い外でコッソリ寂しく食べてやり過ごします。

で、昨年から模型展示会に出向く際には
自作のバッジを身に付けて名札・ネームプレート代わりにしています。

しかし…イラストを描いた紙を挟み込んで固定しているのですが
バッジの表裏がはがれやすいのです。
毎回、出向く度に1度は外れる…という始末。

なのでバッジの内側に粘着テープをくっ付けていたりしましたが
それも味気ないなぁ~と思っていました。

そんな時にコチラを発見しました。
bagge-cover01.jpg
「コレサポ 缶バッジカバー」です!!

実はコチラのメーカー、バッジアイテムシリーズの工作キットで
缶バッジを自作したのでした。

うぅむ…缶バッジを保護するカバーも用意しているとは
キャラクターグッズ周辺アイテムも充実しておりますねぇ。

やや厚手の透明なカバーなのですが
これで缶バッジを挟み込んで固定してしまえば
バッジの表裏が剥がれる事がない!という訳です。

あと、僕の地元は沿岸部なので
こういうカバーを取り付けていた方が、潮風で腐食しないで済みます。
家に飾っている缶バッジ、サビだらけですから…はい。

bagge-cover02.jpg
裏面です。お値段は110円くらいでした。
フィルムカバーの裏側から缶バッジを入れる。という簡単な作業です。

自分のバッジのサイズは知っていたので、このサイズを選んでいます。

カバー単品の画像を撮影し忘れましたが

bagge-cover03.jpg
透明なフィルムカバーをバッジに装着しました!

自作缶バッジというのが原因かもしれませんが
カバーを取り付ける際にかなり窮屈で
若干、カバーの縁部分がヨレてしまいました。

まぁ、これでバッジがバラバラになる心配が無いだけありがたいです。

bagge-cover04.jpg
コチラが裏側。
安全ピンの部分を避けるように装着口があるので
バッジとして普通に使う事が出来ます。

ちなみに、缶バッジの裏面部分に黒い点々が付いていますが…
腐食した部分です。既に腐食…

bagge-cover05.jpg
また、同じメーカーの透明ホログラムシールを
缶バッジ用に描いたイラスト紙の上に貼っています。

キラキラの粒子が確認できるかと思いますが
まぁ…ただの紙に描いた絵だけなので、せめてもの飾りです。

フィルムの質感も綺麗なので、普通の缶バッジを入れても綺麗に見えるかと思います。
僕は自作名刺を入れたネームプレートにこのバッジを付けて
模型展示会の会場内をプラプラ~っと歩くのです。

まぁ…名前の文字があまり大きく無いので目立たないかもしれませんが
たま~に気付いてくれる方もいらっしゃいますし
オリジナルアイテム…という事で良いかな?と思う事に致します。

ある程度の準備も終えたので
健康に出かけて元気に帰ってくるのみです。

この記事へのコメント