加湿する紙のアレ

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

サイト用の画像加工をしていると
結構時間がかかってしまったので
そういう時は、ブログは簡単に更新しております。
ご了承下さい。
なかなか、一気に作業する気力はありません…

さて、画像のデータだと約1ヶ月前だと判るのですが
ファイヤーキングに水を入れて
そこに挿し込むだけの簡易加湿器(紙製)の話です。

実際にどれだけ部屋を加湿してくれているのかは不明ですが
ファイヤーキングのDハンドルマグカップいっぱいに水を入れて
放置していると2~3日で水を補給する必要があります。
想像以上に水の減るペースが早いと実感しております。

夜間、就寝中だけで1センチ程の水が減るので
そこそこ機能を発揮している…と思います。多分。

でも、紙の先端を触ると
確かにず~っと湿っている感じが判りますので
この紙が普通の紙では無い事は間違いありません。

PCのモニター横に置いているので割と目につくのですが
何となく、水が減った状態よりも
水がいっぱい入っている方が
加湿紙が常に水を吸い上げてくれている…イメージがあるので
割とこまめに水を注いでいます。

しかし、これを購入した日以来、一度も店頭で見た事はありません。
人気商品なのでしょうか?

そういえば、この冬は僕の部屋が寒い寒い…
と書き続けておりましたが、根本的な問題として
今年は暖房器具(超小型セラミックヒーター)を
弱運転でしか使っておりませんでした…

そりゃ~…寒いわなぁ…と思いました。

何も使わないよりもマシ…という程度で
寒い日々を乗り切ってきた訳でございます。

流石に、これからは暖かくなっていってくれるのでしょうか?

という普通の僕の部屋の話で本日は失礼します。

この記事へのコメント