看板

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

ここ暫くサイトの更新を行っておりませんが
それは3月11日前後でしたので
個人的にですが自粛しておりました。

でも、買物は行っているので
まぁ…消費活動くらいなら良いかなぁ…と思います。

ある程度の期間を置いたので今後はボチボチ更新していきます。

さて、その話にも繋がることですが
3日ほど前に帰宅すると
自宅敷地角の電柱に見慣れない看板が取り付けられておりました。

何だろう??

と思って近づくと
「海抜 5.1m」と記載された青い看板でした。

チョット前に静岡市内の各地で
海抜表記された看板を取り付けた…というニュースを観ましたが
僕の地元でも実行されたのですね。

そして、この翌日に毎朝通うコンビニに行くと
コンビニの入り口付近に同じ様な海抜表記された
ステッカーが貼られておりました。
その表記は3メートル…
海側の僕の自宅より離れている場所なのに海抜が低いです。

3月11日の事があったにしても
自分の住まいやいつも出歩く場所がどの程度の海抜なのか?
簡単な表記で知る事が出来るのはありがたい事です。

もしくは単純に僕が色々と知りたがりなので
こういう情報を得るのが好きなだけなのかもしれません。

さて、以前(多分約1年前)に
僕の地域の方々が率先して海抜を調べて
その配布された地図を見たのですが、
僕の自宅は海抜6メートルとなっておりました。

画像では見辛いのですが
この電柱の看板の場所よりも1メートルくらい上に
僕の自宅があります。

だから、実際の自宅海抜が6メートルというのは
物凄く信憑性のある情報だったのですね…

そして、僕の自宅裏が海側なのですが
(画像側は玄関先で海の反対側)
裏にある堤防の海抜が15メートル以上あるので
万が一、津波が襲ってきた場合は海側では無く
港や河川側から回り込んできて
この画像側の海の反対側から押し寄せて来る…
という訳なのです。

要するに、万が一、津波が来た場合は
山側に逃げると一定の高台まで車で10分以上かかりますし
僕の家より海抜の低い場所を通る必要があるので危険なので
海側の自宅裏堤防に逃げる…というのが一番安全なのです。

まぁ…何も無いのが一番なのですが
避難経路などを考える事が多くなった事も
1年前と全く違う状況なのかなぁ…と実感します。

では、今晩はBSでエスパルス戦を放送してくれますので
ソチラを観るので失礼します。

この記事へのコメント