編み込み練習の結末

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日のブログでも少しだけ書き記したのですが
地元のレザークラフト屋さんに出向いて色々と注文した際に
お店のウォレットロープが気になったのです。

結び方…が掲載していた雑誌が行方不明になっていたので
どうやって編み込むのか尋ねたら
言葉では説明しづらいみたいで
「ネットで調べればわかりますよ」と言われて
物凄く納得いたしました。

そこで、昨晩、何気無く思い出したので
ウォレットロープの編み込み方を検索してみたら
YOUTUBEで動画があったので見ました。

そして、実際に練習してみようと思ったので
先日購入しておいた革紐を用意しました。

端は取り外しできるフラヘの鉄キーリングを使い
それをS字フックでハンガーに引っ掛けて
動画を見ながら編み込みはじめました。

最初は「コレでいいのかな?」と思いましたが
徐々に長くなっていくとロープ状になってきたので
後は単純作業を続けるだけでした。

というか、こういう作業が自分に合っているだけかもしれません。

で、気付くと50センチくらいになっていたので
もう1個のキーリングを用意して結び目を作り
自作4本編みレザーロープの完成です。

結構簡単で、作業時間も短く済みました。
編み込みしていて気付いた事といえば
用意した革紐の濃い茶色の方がスモーク(燻された)レザーで
結構ニオイがしていた…という事くらいでしょうか?

いままで、こういう編み込みレザーロープは好みでなかったのですが
最近はいいかなぁ~と思い始めていたので
1本、自作品ですが所持する事ができて良かったです。


肝心な事に気付きました…
レザーウォレットロープに使った2本の革紐、
他に使う為に用意していたモノでした…


まぁ、解くのも面倒なので、革紐を買い足します。

作業は物凄く単純・簡単で
レザークラフトの道具が無くても2本の革紐(2メートル位)と
ナスカン等の金具が2個あれば
充分作る事が可能ですので
皆様もお試しになられてはいかがでしょうか?

この記事へのコメント