フエルトハット

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

1月3日の話の続きです。
その日には地元の古着屋さんで「民間品 B-15」を購入しました。
首のボア部分が一部崩壊しており
それでも洗濯したら…更にボアが剥がれてしまいました…

何とかリペアしたいのですが、良い方法が思いつきません。
同じ素材を探すだけで大変です…(お金もかかります)

さて、話を戻しますが
その足で地元のエターナル取扱店に行きました。
セール告知のハガキ等を受け取っておりませんでしたが
出かけたついでに足を伸ばしたら
ポイント3倍セールを行っておりました。

確か、前回の買い物の時にポイント3倍セールの事は聞いておりましたが
年末だけだと思っておりました。
残り4000円分の買い物をしたらポイント3倍で
ポイントカードが満タンに貯まるので
何か買う事に致しました。

そういえば、昨年末のリサイクルショップ・セールで購入した
古着の「エターナル 883」はほとんど新品状態でした!
というのも、洗濯したら糊が利いていて
乾燥後にジーンズが立つ状態だったのです。

という事で、未洗い新品状態の古着だと判ったのです。
一応、このお店で新品をチェックしましたが
やっぱり定価は2万円でした。
安く入手できてよかったです。

話がまた逸れました。
店内を見て回ったのですが、僕が欲しいと思う品はございません。
う~ん…ジーンズも上着類も既に所持しきっておりますので…

で、最終的に小物を見て回ったのですが
画像の「grace hat」のウールフエルトハットが目に付きました。
試着すると物凄く被りやすかったので買う事に致しました。
お値段も4095円でしたので。

僕は山高帽のような背の高いハットが似合いません。
ポークパイハットの様な低いモノしか被らないのですが
コチラは中折れタイプですが背が低いのです。
似合う…と自分でいうと変な話ですが
着用して違和感が無いので購入を決意しました。

そして、妙に被り心地が良いな…と思ったのですが
その理由も判りました。
汗止め部分の裏側に紐が設けられていて
マジックテープ留めでサイズが調整できるハットだったのです!

とはいえ、調整せずにそのまま被ると若干ゆとりがあって
締め付ける感覚も無くユッタリ着用できるので
個人的にかなり気に入りました。

というか、ここまで被り心地の良いハットは中々無いです。
多少はハット類も所持しておりますが
本気のブランドモノはフエルトが屈強で被り心地も硬いです。

反面、このgraceのハットは有名ブランド品と比べたら
クオリティは落ちるかもしれませんが、
個人的にはそこまで悪いモノとは思えませんし
デザインや作り込みも良いと思っています。

もしくは、偶然、このハットの形状が
僕の頭にジャストフィットするだけ…かもしれません。

まぁ、値段やクオリティよりも
着用していて被り心地が良い…と思えるだけで貴重な品ですので
ウールジャケット等を着用するときに合わせて身に付けようと思います。

ちなみに、黒を選んだ…という訳では無く
このハットが残り最後1点でした…

でも、所持するウールジャケットがチェック柄ばかりなので
合わせやすいかなぁ~とは思います。
あと、Pコートですね。

そう考えると、良い品が残っていて良かったなぁ~
と思う事に致します。

そういえば、いつも会う店員さんの履いていた
モンキーブーツが物凄く高品質でカッコよかったので
「何処のですか?」
と尋ねたら
「安藤製靴」との答えが!

おぉ…まさか、コンナ田舎で履いている人がいるとは…
通販で無く直営店まで出向いて2足購入してきた…との事です。
オーダーせずに、店頭にジャストサイズのモノがあったそうです。

いいなぁ…
つまり安藤製靴のZ2(茶)だった訳ですね。
というか、こういう事をその店員さんに尋ねて
受け答え出来るお客さんも少ないでしょう…
アメカジ過疎地ですから。

でも、その時僕が履いていた
レッドウイングのスーパーソール茶芯が
6000円だった事を伝えたら
逆にその事の方が物凄く驚いていました!

やっぱり安かったのですねぇ…

この記事へのコメント