運命

イメージ 1 皆様、こんにちは。こんばんは。

「稲妻フェスティバル2013 昭島」まで
あと2日ですね。


何と申しましょうか…
どうにか都合をつけて出かけたい気持ちがございましたが
不都合は重なるモノでございます。

まず、僕の地元から電車・新幹線で出かけるには
不便な場所での開催になりました。
車の方が1時間早いのです。

そして、11月4日は仕事です。
仕事を午前中で切り上げて、お昼前に車で出かけて
会場に午後2時ごろ到着して
終了までの2時間だけでも探索できるかな~と考えました。

が、借りる予定の父親の車(俗名 BMW120)が
センサー不具合修理から戻ってきません。
既に2週間が経過しております。

そして、本日のお昼、仕事を終えて車に戻ると
タイヤに何か挟まっているのが見えました。
タイヤを新しくしてから小石が頻繁に詰まるので
外しておこうと思って近づきました。


小石ではありません!
針金のピンです!!!

おぉ…まだ空気は抜けておりませんが
完全に刺さっております…
何時から刺さっていたのか判りませんが
タイヤの溝の間にキッチリと収まって刺さっているのです…

とりあえず、一旦帰宅してから
午後になっていつも利用しているガソリンスタンドに向かいました。

店員さんがスグに対応してくれましたが、
ピンを引き抜くとタイヤの奥まで完全に刺さっておりました。
(そのモノはありませんが、R形状のピンです)

店員さんが水(液体)をピンが刺さっていたところにかけると
プクプクと水泡が出来たので…
完全に穴が開いていて空気が抜けている証拠でした!

という訳で、早速パンク修理をお願いしました。
抜いたピンの金属部分がキレイなので
店員さんが刺さったばかりだったのだろう…と話してくれました。

それが本当にいつなのか全く判りませんが
空気が抜けきる前にスタンドに到着して良かったです。
運が良いのか?悪いのか…??

錐みたいな工具をタイヤのパンク箇所に差し込んで
穴を広げてからゴムを差し込みます。

そういえば、昔(5年以上前)ランエボに乗っていた時も
パンクした事がありまして
親戚の車屋さんにパンク修理をやってもらいましたが
同じ工程だった事を思い出しました。

で、ゴムをパンク箇所に挟んで余分な部分を切り取って
液体をかけて空気が漏れていない事を確認して終了です。

お値段は1575円。
タイヤ交換せずに済んで良かったです…
夏に新しくしたばかりですから…

という訳で、暫くは無理せず様子を見ながら走ります。

つまり、僕自身の車で遠出するのも厳しいです。
まして、高速道路を運転するなんて…

ここまで色々な事が重なると
稲フェスに行かせないという何かしらの意思が働いている…
と考えたくもなります。

という訳で、完全に僕の気持ちは打ち砕かれました。
今年は稲フェスに行きません(行けません)

お出かけになる皆様には存分に楽しんで頂いて
僕は地元で稲フェス予算を散財したいと思います。

ちなみに、先程稲フェス公式ブログを確認したところ
今年の会場のショップ配置マップが公開されておりましたので
お出かけになる方はチェック・プリントアウトをお勧め致します。

個人的に気になるブースは…毎年最初に立ち寄るフラヘ・RJBと
レザークラフトパーツを扱っていそうなショップです。

初めて知りましたが、今年は大江洋服店は出店しないのでしょうか?
ウォバッシュ携帯ケースを買いたい…と思っていたので
知らずに行かなくて良かったです。

それが良いのか?悪いのか…

では、これからガンダムブレイカーをプレイします。
既にクリア困難なステージで泣きそうです…

この記事へのコメント