雨天専用ケース

イメージ 1
皆様、こんにちは。こんばんは。
 
今日はず~っと強風が続いています。
先日、今週末に日本海側で大雪になる…という予報をTVで観たのですが
その時に雲の流れを具体的に説明しておりました。
 
僕の地元は富士山のおかげで雪が降らない…と思っておりましたが
その手前から日本アルプス等の高い山脈が連なっていて
日本海側から流れる雨雲(雪を降らせる雲)が
僕の地元を避けるように分かれる事を初めて知りました。
 
地理や気候の仕組みなのでしょうが、物凄く納得しました。
こういう事を本来学校で教えてくれれば良いのになぁ…と思いました。
 
さて、先日の雨が降る前の日の話で失礼します。
先週土曜日に携帯を新しくしてから1週間が経過します。
その間、連日の様に自作レザーケースを紹介しておりましたが
ふと「雨が降るときに携帯を持ち歩く術が無い」事に気づきました!
 
普通なら手持ちのバッグに入れれば良いのでしょうが
僕は(どうでも良いコダワリですが)携帯はウエスト部分に取り付ける
バッグ・ケース等に入れて持ち歩いています。
 
慣れると手ぶらで便利だからです。
 
しかし、先日の雨が降る前になってから
ヌメ革部分のあるディアスキンのポーチを雨の中で使う事が出来ない…
と、物凄く遅い段階で気づいたので
いつもの様に地元のリサイクルショップに出向いて
何か良いミニバッグがないだろうか?と探してみることにしました。
 
無ければ仕方ありません…
 
で、普段良く出向いている2店舗の大型リサイクルショップから
店名変更店に行く事にしました。2店舗回る時間が無かったので。
 
普段はバッグコーナーはプラ~っと眺める程度だったので
物凄く細かくチェックしてなかったのですが
今回出向くと画像の「BAPE」のポーチがありました!
 
値札に陳列した日付が記載されているのですが
約半年以上前の日付が入っていました。
この間、何度か出向いているはずなのですが存在に気づいておりませんでした…
そんなモノでございます。
 
状態は表面が日焼けして黒ボディが紫っぽく退色しておりますが
それ以外はノーダメージで比較的キレイです。
背面に取り付けるパーツが欠品しているみたいですが
お値段が1800円だったので購入する事にしました。自分で作るのは大変なので。
 
おそらく、10年以上前のモデルでは無いでしょうか?
詳しくは知りませんが、付いているタグのロゴデザインが昔のモノだと思います。
 
肝心な事ですが、携帯がしっかり収まるサイズです。
やや大きめのタブレットも入るくらいの容量があります。
左上画像で携帯と比較すると…結構大きいのですが入らないよりマシです。
 
で、コチラのケースはポケット口(上面)にフラップやボタン等が無く
ケースのやや左側にあるバンドで簡単に止める仕組みです。
これだけでも中身が落ちることは無いでしょう。
 
しかし、フラップが無いという事は
雨降る中使うと中に入れた携帯がずぶ濡れになるかもしれない!?
という不安が過ぎりました。
 
あと、ケース内部の底部分にスナップボタンの金属面が出ているので
中に入れる携帯が傷が付く恐れがございます。
 
…で、考え抜いた結論は
「内貼りを作るのは面倒なので、バンダナを袋状にしてケースに入れよう」
という対策でした。
 
バンダナを折りたたんで簡単な袋状を作ります。
タレ下げるフラップ部分も作って携帯を入れてケースに入れて…作業終了です。
 
これで、雨対策・内側の金属接触防止となります!
あと、余計な隙間をバンダナ生地が埋めてくれるので
携帯がケース内で動くことが無いので、不用意な傷・飛び出しも防いでくれるでしょう!
 
今回は割とどうでも良い(失礼です…)バンダナを使いましたが
手元には色々なバンダナが増えているので
出す部分を工夫したらオシャレに見える…気がします。
 
で、雨の日に使ってみましたが
最初はケースの重み・ケースの大きさが気になりましたが
ベルトループに繋げて普通に持ち歩く事が出来ました!
 
うぅむ。満足です。
 
そして、雨の日対策として用意したケースとバンダナですが
よ~く考えたら、僕のNEW携帯は防水・防塵機能が付いていたなぁ…と。
単に濡れても良いバッグを探して買物したという事ですね。

この記事へのコメント