祝いの品

イメージ 1
皆様、こんにちは。こんばんは。
 
本日で年末年始のお休みも終了です。
…特に何かした記憶がございませんが、東京に出向いた事が唯一の思い出です。
 
さて、先日親戚一同が僕の自宅に集まったのですが
弟の長男(甥)が今年中学に進学します。
…時の流れる速さに驚愕しますが事実です。
 
と、甥の子供の頃の思い出を振り返ってもセンチメンタルな気持ちになるだけなのですが
中学入学のお祝いに何かプレゼントしよう…と、前々から考えておりました。
小柄な体型なので、まだ僕が所持するウエア類のお下がりをあげる事が出来ません。
 
で、考えたことは
「自作レザークラフトでレザーウォレットをプレゼントしよう」という事でした。
中学生になれば行動範囲も広がりますし財布は必需品です。多分。
同年代の子供達がおそらく所持していないアメカジ全開のウォレットを
作ってプレゼントするのが面白いなぁ~と思ったのです。
 
という事で、子供達が集まったときに
デイトナブロス別冊アメカジレザークラフトバイブルの雑誌を見せて
「どれか、好みのデザインと同じ様なモノを作ってプレゼントする」と言いました。
 
すると、小3の双子達が「俺ならコレだな~」と割って入ってきましたが
中学入学まで待ちなさい。覚えていれば。
 
で、甥・長男が選んだモノが雑誌撮影の画像で失礼しますが
たまたま広げていたページの「Cottage(コテージ) ハーフウォレット」でした。
むむ、まぁ…カービング(模様)は付けませんが
中々面白いチョイスをしたなぁ…と思いました。
 
中学生が持つなら、ロングウォレットよりハーフウォレットの方が良いかもしれません。
財布に入れるモノなんてたかが知れているでしょうから。
 
とりあえず、先程公式サイトで詳細を調べてみましたが
フラップボタン部分が1枚革で繋がっていたり、
よ~く見ると表側の側面だけが曲面になっていたり、
意外と面倒な(凝った)構造なんだなぁ~と痛感しました。
 
まぁ、それっぽく作ります。
 
今から要望を聞いておけば、時間をかけて3~4月までには充分作れますから
これから予定を立ててボチボチ製作していきたいと思います。
 
あと、一つ驚いた事といえば
今現在のこのウォレットの金額が雑誌掲載時より
15000円くらい高くなっている事です!!
 
消費税も上がりましたし、革素材そのものが割高になっているとはいえ
それに一番驚きました…
 
リューノクオリティ(素人自作)なら、もっと安上がりです。
地元の革屋さん(後輩経営レザークラフトショップ)で素材を仕入れて
とりあえず、プレゼント出来るレベルのモノを作ります。
その模様もブログでボチボチお伝えしていきますので、お付き合い宜しくお願いします。

この記事へのコメント