デニムリメイクバッグ

皆様、こんにちは。こんばんは。

2週間くらい前に友人とリサイクルショップ巡りに出かけた際に
購入したモノをようやく紹介させて頂きます。
ホームページで紹介するには問題がありそうなので
画像多めです。
イメージ 1
自宅より少し遠い場所にある
800円でリーバイス501Eを販売していた大型リサイクルショップです。

友人と出向くまで…かれこれ1年以上行っておりませんでした。
そこでプラプラしてバッグコーナーで発見したのが
古着のリーバイス501を使ったリメイクバッグでした。
イメージ 2
置いてあるのでクタッとしておりますが
ララァ・スン専用モビルアーマー的ブランド名の
元ハリウッド女優→モナコ王女的な名前が付いたバッグ…的な形状そのままです!
イメージ 3
元デザインバッグは高価なので手にとって見た事がありませんが
各部の作りこみは…まさしくそのバッグそのモノです。大きさも同じ位だと思います。
物凄くクオリティが高いリメイクバッグでございます。

キーケース部分までデニム時期が使われています。
イメージ 4
バッグ内部も内貼りされていて、ポケットも取り付けられています。
画像はありませんが、バッグ底には台座になる金具も取り付けられています。

ミシンの縫製はキッチリしていていますし
自作リメイクされたバッグ(のはず)としては
プロレベルの製造クオリティです。

で、コチラのお値段が2800円でした。
う~ん…面白いけど、使う場所が無いなぁ~とは思いました。
イメージ 5
ただ、購入しようと思った最大の理由は
僕が初めて穿いたリーバイス501が、このタイプだったのです。
いわゆる、赤耳501の後のモデル(80年代後半)ですね。

そのジーンズは今現在、手元に無いと思いますが
個人的には思い出深い501だったので
こういう形になって残った…と考えると、やっぱり面白いので
使い勝手ゼロですけど購入する事に致しました。

バッグとしての出来は素晴らしいので。

で、手に持った状態で鏡を見ても
どうも…アメカジ姿の男性には不似合いなバッグなので
本当なら女性が持つのが良い…と思います。

う~ん…
話題づくりの為だけに、稲フェスとか決起集会に持って行くのが
唯一の使い道かもしれません…

という訳で、自分のサイトで掲載するには問題がありそうなので
本日のブログのみでのご紹介で失礼します。

この記事へのコメント