上京N-1

皆様、こんにちは。こんばんは。

特にネタがございません。

先日、というか年末に上京致しましたが
その日は冷え込む…という事で着用する上着を急遽考え直して
「ヒューストン N-1」を着て行く事に致しました。

物凄くタイトなサイズ感のウエアなのですが
幸いにも防寒性は高くて助かりました。

が、新品同様の古着で購入したのに(未洗濯の本当に新品状態)
どうもアクリルボアのニオイが気になりました。

何と言うか…汗臭いというよりも
古着・ホコリクサイというのでしょうか?

とにかくクサかったです…

という事で、先程日が暮れてからですが初洗濯する事に致しました。
イメージ 1
洗濯ネットの中にN-1を入れ
柔軟剤を多めに入れて手洗いモードで洗いました。

洗濯終了後には気になっていたニオイは消えて
柔軟剤の香りだけが残っていたのでとりあえず一安心です。

乾くのに3日ほどかかると思いますが気にしません。
ず~っと室内干しで、室内の湿度調節には丁度良いだろう…と
ポジティブに考えます。

で、その後ろにあるのがフリーホイラーズのサーマルです。
正確な年代を忘れていましたが
ジーンズサイトの皆様が集まった「生存確認会2010」の道中で
購入した思い出の一品です。
新品時はコンナ感じでした(自分のサイトから引用)
イメージ 2
しかし、首元タグは3年目くらいからボロボロになりました。
原因は僕がウエア類を全て裏返しにして洗濯するので
ダメージが首元タグに集中したからだと思います。

でも、他の部分は流石に作りが良いのでダメージ等はございません。 
イメージ 3
洗濯状態の首リブ部分を撮影してみたのですが(裏返し状態です)
画像下側が裏地、画像上の裏地に見えている部分が本来の表生地側です。

…日焼け防止の為に裏返しにして洗濯していますが
実物見た目も表・裏地の色の変化は少ないです。

考えてみると、冬場は日の当たる時間も少なく限られているので
夏場のウエア類より洗濯モノを乾かす間に
日焼けする時間も少ないのだなぁ…と今更ながら実感致しました。

かなり気に入って着用しているフリーホイラーズのサーマルですが
ご覧の通り、リブはかなり綺麗に保たれておりますので
個人的にはサーマルは
フラットヘッド・フリーホイラーズの2ブランドのモノが有れば充分でございます。

あ、洗濯モノは全て裾からハンガーを通しております。念の為。
首リブからハンガーを入れては、首元リブが伸びきるだけです。

あと、ハンガーもやや太目のモノを使って
首リブに重量が集中しないように気を使っております。

…決して神経質という訳では無く
単純に気に入ったウエアを大切にするために
洗濯・乾燥にも多少なりとも手間暇をかければ
物持ちが物凄く良くなる…というだけでございます。

作りが悪いウエアは、同じ方法で洗濯してもダメージ出ますので。 

この記事へのコメント