洗濯乾燥の様子

皆様、こんにちは。こんばんは。

録画していたワンピースのアニメ(今日放送)を
お昼に昼食を食べながら観ようかな~と思ったら
冒頭のあらすじ部分で突然緊急ニュースに切り替わり驚きました!

放送を楽しみにしていた全国の子供たちが不憫ですが
これで1週間、アニメ制作が楽になるだろうなぁ~と
作り手の事を考えてしまいました。

いつも買い物報告ばかりではキリが無いので
普通の日常ブログを記します。

決して、買ったモノの量が減っている訳ではございません…
イメージ 1
先日、ホームページにもアップしましたが
「Gap ダウンベスト」を洗濯しました。
自分のサイトの画像ですが通常時はコンナ具合ですので
洗濯した後のダウンベストはペッタペタに薄くなっております。

ダウンベスト・ダウンジャケットを自宅の洗濯機に投入するのを
控える方もいらっしゃるでしょうが
僕の所持するモノは古着で購入したダウン製品なので
買ってからスグに洗濯をして綺麗にします。

一応、簡単に方法を記しておきます。ご参考までに。
「洗濯ネットに入れて、洗濯機のドライモードで普通に洗濯」するだけです。

洗濯を終えてハンガーにかけてから
念の為ダウン部分を両手で挟んで叩きます。
何となく…空気が含まれる気がしますので。
乾燥が終わるとボリュームが出て洗濯前と同じ様な状態には戻ります。

この事を先日、地元のフラットヘッド専門店の店長さんと話しましたが
店長さん曰く
「ダウン(羽毛)は製造前に念入りに洗ってから製品にしているから
 洗っても何も問題ない」
との事でした。確かにそうですね。

ダウンの洗濯で気を付ける事といえば
空気を含んでいる分、洗濯機浴槽の水の中に沈まない事がございますが
僕は手で押し込んで空気を少し抜きます。

あと、水を投入する前にダウンを浴槽に入れておけば
水が上からかかりますので多少は水を含んでくれる…と思います。

それと前にニュースになった
中綿(ポリエステル)ダウンジャケットを洗濯するときは
洗濯不可能のモノがあるかもしれません。

汚れが気になる時は綺麗なタオルを濡らして
ダウンのナイロン部分を拭き掃除すれば良いです。
僕はそれが面倒なので…洗濯機に投入してしまいますが。
イメージ 2
あと、過去に何度かブログで紹介しておりますが
僕はスウェットを上の画像の様に置いて乾かします。

元々は100円ショップ・ダイソーの200円商品の
枕を干すための道具ですが
僕はこの2段のハンガーを冬場のスウェット乾燥用に使い、
帽子・キャップ類を選択した時にも
このハンガーに置いて並べて乾かします。

画像では隠れてしまっているのですが底部分はネットになっているので 
2~3日室内干しで放っておけば乾きます。

ハンガーで乾かした方が早いのでしょうが
この方法だと首回りが全く伸びないので
いつまでも綺麗なシルエットを保ってくれます。 

とはいえ、この方法を始めたのが2~3年くらい前なので
画像の黄色いフラットヘッドのスウェットは
ハンガーを使っていた時期があるので少し首が伸びておりますね…

あ、あと当然の如くウエアは裏返し洗濯でございます。
スウェットは裏返した方が乾きやすいかもしれませんが
僕は単純に日焼け色落ちを保護する為の裏返し洗濯です。

ひと手間かもしれませんが、大切なウエアを長持ちさせたいので…
単純に僕の貧乏性から辿り着いた方法かもしれませんねぇ。

この記事へのコメント