見た目

皆様、こんにちは。こんばんは。

最近(半年ほど前から)「マツコの知らない世界」を観ています。
僕自身がマニアック嗜好な人間なので
色々な話題が楽しいです。

今日は人生で初めての事がございましたのでご報告いたします。

仕事場で私服だった時に来たお客さんとお会いした時に
一回挨拶をしてお客さんは立ち去りました。

で、その後直ぐにお客さんが戻って来たので
何だろう?と思ったのですが僕に向かって

「音楽とかやられている方ですか?」と尋ねられたのです!

おぉぉ…ミュージシャンっぽく見えたのでしょうか?
流石に、この様に言われたのは初めてでございます。

そのお客さんに対しての僕の返答は

「いえ、むしろ音楽にはそれほど興味が無いです」
と言うと、
姿がそれっぽく見えたらしいです。なるほど…

その時の僕の姿というのはジーンズ(ウエアハウス1003XX)に
シルバーのウォレットチェーンを付けていました。

…これだけ見るとロッカーっぽいのでしょうか?
イメージ 1
あと、凄く珍しく上着にライトオンで10年くらい前に購入した
ヘンリーネックのアクリルニットを着ていました。
なるほど…いつもならスウェットとかを着ているのですけど。

ですのでシッカリと「アメカジが好きなだけです」とお答えしました。

前々からず~っと思っていることですが
僕は音楽にほぼ興味が無くて良かったと思っております。
音楽にまで趣味を広げていたら…大変なことになります。

好きな音楽を聴いているだけで充分です。
ただ、手先が器用だったので小学生の頃とかの音楽の授業では
楽器の演奏は男子の中で一番上手でしたが。

という事で、見た目からまさかの音楽的な人間に思われたのですが
この出来事に関して不快になるという事は一切なく
面白い体験をしたなぁ~と思いました。

他人からの僕自身の見た目って
そうやって捉えられたりするのかなぁ~と思うと
イメージって大切ですね。

まぁ…20歳くらいの頃には
何度か女性に間違えられた事がありますが
それはナイショの懐かしい話でございます。

この記事へのコメント