来訪

皆様、こんにちは。こんばんは。

ネットのニュースか何かで
被災地に古着を送りつけるのは逆に迷惑…という記事を見ました。

なるほど…
むやみにジーンズを送りつけてはイケナイのですね。

多分、新品の下着や靴下等の衣類の方が喜ばれると思いました。

ジーンズ送りつけるくらいなら
そのジーンズをリサイクルショップ等で売って
お金を寄付した方が良いのだろうと思いました。

昨日もお伝えした通り
九州・熊本に縁も所縁も無い血筋なので
物資を送る先(親族等)がございません。

寄付、もしくは九州の物産消費で支援させて頂きます。

さて、1週間くらい前からツバメがやってきました。
ここ数年は毎年のようにやってきます。

小さい体で自分の巣を覚えているのは凄い事だと思います。
本能なのか?違うツバメかもしれませんが…

しかし、昨年の夏場に問題が発生したのですが
(皆様、覚えていらっしゃるでしょうか?)
昨年の7月に僕の自宅の外壁を塗装しました。

その際に作業用の足場を組んだのですが
なんと、1回巣立った後に2組目のツバメがやってきて
卵を産んでいた後だったのです!

止むを得ず、業者さんに頼んで巣のある部分だけ足場のネットを外してもらいました。

無事に雛は巣立ち、外壁塗装も終えました…
ですが、その後が問題でした。

外壁塗装したので、今まで長年愛用されていた
ツバメの巣が取り外されていて
業者の方は「付け直す」と言っておきながら
ツバメの巣は外されたまま…今年のツバメ達がやってきたのです!!!

基本的に僕は職人さんを尊敬しておりますが
こういう小さな事に配慮出来ない人間性には感心致しません。
ネットを一部外しておいてくれ…と頼んだのは僕ですし。

話を戻しまして、今年のツバメがやってきても巣が無い事に気づいたのか?
定住するそぶりをみせませんでした。
いや、ツバメもゼロから巣を作るのが面倒だと思っているのでしょうか??

自宅周辺の電線にはツバメがとまり
聞きなれた鳴き声もありましたので、近くにいる事はわかっておりました。

で、先日の日曜日。
僕は外出していて知りませんでしたが
元々ツバメの巣があった場所に父親が添え木を取り付けておりました。
(前の巣にも同じように木を取り付けていました)
イメージ 1
こんなカンジです。
ツバメの巣がある場所は家の間取りがコの字にくぼんでいる部分で
外敵から身を守るには最適の場所みたいです。

僕も木を取り付けたいと思っていたのですが
外壁塗装をやったばかりで穴を開けるのはいいのかなぁ?
と独断で行うのを悩んでおりましたが
父親が作業してくれて一安心致しました。僕には無断でしたけど…まぁ、いいです。

すると、取り付けた直後からツバメが土を運んできて
巣作りを始めたのです!!

おぉ…賢いというか…これを待っていたのか?
自力でゼロから作ればいいのに…と思いましたが
住んでいる人間の方がツバメに従っているみたいですねぇ。
イメージ 2
で、コチラが昨日撮影した画像です。
ツバメを驚かせない様に室内窓の内側からフラッシュなしで撮影したので
見辛いのはご了承ください。

添え木した上に土を積み重ねています。
昨日の時点で1センチほど、今日確認したら土の高さは2センチくらいに増えていました。

自宅裏には畑がありますし、その先には松林もあるので
土には困らない環境かもしれません。

とりあえず、無事に巣作りを始めてくれたので
少しだけ気になっていた事が片付いて一安心でございます。

毎年ツバメが来てくれるというのは(その度に記していますが)
ツバメが本能的に「この家の場所は安全だ」と考えて判断している…
と僕が勝手に解釈しておりますので
今年は平和・平穏に過ごせるのかなぁ…?と信じたいです。

あと、自宅にペットを飼っていないので
何となく同居している気になります。

無事に巣立つのを見届けたいです。 

この記事へのコメント