ジーンズを見るレポート5

皆様、こんにちは。こんばんは。

今日で穿き込みジーンズ展示会「denimba展」のレポートが終了となります。

当日の飲み会の話は…特に書き記す事も無いので(そんな事もございませんが)
レポートとして書き記す気持ちはございません。

と、今日で終了のつもりでおりましたが
よ~く考えると、飲み会後の買い物が何点かあったので
明日は買い物報告を記して、ようやく日曜日の一日レポートが終わります。

今日は「denimba展」の総括ですので写真等はございません。
既に出し尽くしました…意外と少なかったです。

☆☆☆

僕とぷぅさんはジーンズを一通り見終えました。

「denimba展」主催者のShingoさんが
「ジーンズサイトさめー」さんの机の近くに居りましたので
僕は
「このサイトの方っていらっしゃいましたか?」
と尋ねると
「今、親子で来ている方ですよ」
と答えてくれました!

あぁぁ!!!

親子でジーンズ展に来ている人がいるんだな~と思っていた
その方がまさかの「ジーンズサイト さめー Kimさん」だったとは!!!

不覚!!
という事で、急いでKimさんの元に駆けつけて
「お久しぶりです、リューノガレージのリューノです」と話しかけて
向こうも僕の事を解ってくれたみたいです。

あぁ…よかった。
僕が初めて参加した「ジーンズサイト 生存確認会」の時以来です…
すっごい昔ですねぇ。

Shingoさん、お答えいただきありがとうございます。

で、この様な出来事があってしばらくしてから10時25分くらいとなりました。
滞在時間25分くらいでしたが
ぷぅさんと相談して、会場を後にして上野に向かう事に致しました。
イメージ 1
途中、グーグルマップの徒歩ルート案内で
公園を突っ切るという指示が出た時は2人して唖然としましたが…

シッカリと公園を突っ切って進み、無事上野に10時55分に到着したのでした。

ぷぅさん、今回はご同行していただき誠にありがとうございました。

「denimba展」レポート終わり。

☆☆☆

という事で、5日に渡ってお伝えした(実質3日かなぁ?)
「denimba展」のレポートでしたが
展示会を見て、レポートの内容を思い出しつつ考えていた事を書き記したいと思います。

レポートでも書き記しましたが
色落ち・穿き込みした色々なブランドのジーンズを見る機会としては物凄く貴重で
新たにジーンズを買って穿き込みたい…という方には
参考になる事が多いと思いました。

しかし、展示されているジーンズの殆どが見事にアタリが付いた穿き込みジーンズで
同じ様な色落ちを穿いて試そうと考えると…
ジーンズ初心者の方には決して楽では無いのかな?と思いました。

特にリジッドデニムを穿いた事が無い人は
ハードルが高く感じるかもしれません。

ジーンズに詳しく無い方に何と例えるべきか?数日考えていたのですけど
「denimba展」に展示されているジーンズは
オリンピック出場日本代表選手みたいな
誰からも一目置かれる選ばれしジーンズと言える…と思います。

例えが非常に解りづらい例ですけど、
ガンプラ等のプラモデルのパッケージや
模型雑誌に掲載されている「作例見本」みたいな感じで
素人が容易に手を出せない制作技術…的なジーンズ穿き込みなのです。

理想の目標として見事なジーンズの穿き込みを目指すのは
決して悪い事ではございませんので
「洗濯回数減らす」「とにかくずーっと穿き続ける」「保管も気を付ける」
等の努力の結果、展示にふさわしいジーンズとなるのでございます。

まぁ、僕も他のジーンズサイト様の穿き込み画像を見て
それを目指してジーンズを穿き込んだ経験もございます。
エターナル811・2年3ヵ月穿き込み。

ヒグマジーンズ・1年11か月穿き込み。

ジェットリンク J01XX・1年4か月穿き込み。

それなりに穿き込まれたカンジにはなっている…と思います。
(果たして展示に見合うのかなぁ?)

色落ち変化はジーンズを育てているみたいで楽しいのですけど
そのために汗臭いのを我慢したり、真夏でもジーンズを穿いたり、
シャープなアタリを出す為にピッタピタで窮屈なジーンズを穿く…というのが
大変に思ってしまっては折角のジーンズライフが寂しくなります。

で、結果的に僕が実践しているのは
古着で購入したつまらない均一色落ちしたウエアハウスを穿き込んでみたり、
洗濯回数を増やさない為に
室内と外出時に穿くジーンズを分けて穿き込んでいます。

…まぁ、毎回出かける前・帰宅時にジーンズを穿き替える方が
面倒じゃないのか?思われる方もいらっしゃるでしょうが
外穿きジーンズはガンガン洗濯する用。
室内穿きジーンズは穿き込み開始直後のジーンズとしています。
家の中・外で2本のジーンズが楽しめますので(変態的な思考でしょうか?)

話が少し逸れましたが
「denimba展」に展示される様なジーンズを目指す!のも尊い目標ですし、
ガンガン洗濯して好きなジーンズを好きなだけ穿いて気楽に楽しむのも
全てが正しいジーンズライフでございます。

僕がジーンズサイトを始めた理由の一つが
「ヴィンテージ リーバイス501」の詳細を掲載しているサイトが
約10年前には少なくて
ネットでも調べようが無かったのです。

今でこそ、ネット環境も普及しておりますし
ヴィンテージ501だけ取り扱った専門書なんかも発売されました。

10年くらい前の僕は
「じゃあ、色々なジーンズの細かい部分を知りたい人の為に
 紹介するサイトを作ってみたいなぁ~」
と思って「リューノガレージ」を始めたのが
一つのキッカケでした。  
 
僕みたいに色々なブランドのジーンズを手元に置いておきたい…という
少し趣向が変わったジーンズの楽しみ方もある…のかもしれませんが
今回「denimba展」に実際に出かけて
朝10時から来られているお客さんを見て
改めて「ジーンズ好きな人は確かに居るんだなぁ~」と実感致しました。

そして、古着ジーンズを買ってばかりで
自分のホームページには1年以上ジーンズが更新されていない現実を目の当たりにして
僕自身、深く反省して
「ジーンズの更新、頑張って増やそう」と決意させてくれたのも
「denimba展」に出かけたからでございます。

少しだけジーンズに対する情熱が甦った…と感じております。

最後に「denimba展」主催者のShingoさん、
展示会にかかわった全ての皆様に感謝致します。
ありがとうございました。
お疲れ様でございました。

勝手にブログ記事にして、写真を掲載させて頂きました…

改めて、個人で開催する穿き込みジーンズ展示会って…凄いなぁ…と思いました。

この記事へのコメント