アームカバー

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日は曇っていて比較的涼しかったのですが
今日は完全に夏模様でした。

アメダスで調べてみると昼ごろに31度くらいでした。
夏は他の地域より涼しく、冬は雪すら舞わないのが僕の地元の陽気です。

しかし、30度近い状態で日が照っている夕方
ロードバイクに乗るのは覚悟が必要です。

ロードバイクを購入して1週間の時に
熱中症になりかけましたので…

という事で、僕らしく安上がりで何か使えそうな品を探しているのですが
先日、地元のホームセンターで気になるモノを発見しました。
イメージ 1
コチラの「アームカバー」です。700円位だったと記憶しております。
猛暑対策コーナーに置いてありました。
(クール素材・水分を保つタオル等が置いてある場所です)

ロードバイク(自転車)用のアームカバーも存在しますが
初心者の僕にはコチラでも充分だと思って購入しました。
長時間走る訳でもございませんので。
イメージ 2
台紙にはコンナ説明書きが記されております。
クールに感じる素材感で、汗を吸収速乾し、UVカット機能もあるみたいです。
…本当でしょうか?
イメージ 3
文字が書かれている(おそらく腕の前面)側は
滑々なナイロン素材で、反対側はメッシュ素材です。画像だと右側ですね。

今週初め頃に日差しの強い中、ロードバイクに乗りました。
そこでコチラのアームカバーを初めて装着してみました。

まず思った事は…キツくて装着に時間がかかります!
Mサイズですがピッタピタです。
割と腕周り(上腕)が太い僕には窮屈に感じましたが
その内慣れるでしょう
(ロードバイク乗っている時は気になりませんでした)

そして、装着してスグに何故か少しひんやりした感覚が伝わりました。
おぉ…これがクール素材の威力でしょうか??

タイツみたいに腕に装着してピッタピタでしたが
布1枚分の暑苦しさはございませんでした。

で、実際に日差しの強い中、ロードバイクを走らせましたが
日差しの暑さを感じる事無く快適に走れました。
うぅむ…中々役立つアイテムではないでしょうか?

基本的にロードバイクで走っている時は
時速20キロ以上になっていて風を感じるので
物凄く蒸し暑いという事は今のところございません。
(日差しを後頭部に受け続けて熱中症っぽくなったとき以外は…)

長時間ロードバイクに乗る方のコメントとしては
日差しを皮膚に受け続ける事の方が疲労が溜まるそうです。

ただ、僕が想像しているよりも日焼けする…気がします。
気のせいかもしれませんが。

ロードバイクに乗る前に皮膚が露出している部分に
日焼け止めクリーム(日焼け予防指数50のヤツ)を塗っています。

アームカバーが無い時期は腕にも塗りたくっておりましたが
僕の走行時間が1時間程度なので
それほど日焼けに悩む事は無いのかもしれません。

でも、走っている場所が堤防の上で日を遮るモノが一切ございません。
これから本格的な夏を迎えるにあたり…夕方走るより夜の方が快適なのでしょうが
僕の地元は街灯が少くて(堤防は真っ暗)
少しでも街灯のある場所は路面が酷いので…
やはり少しでも安全な夕方、日が暮れる前までに走っておきます。

話を戻しまして、今日紹介したアームカバーを使う場所は限られると思いますが
真夏の炎天下で運動・作業を行う際には便利なアイテムだと思いました。

あ、今日も使いました。
アームカバーを装着すると見た目は本格的なロードバイク乗りっぽく見えます。
見た目だけは…   

この記事へのコメント