クランプ

皆様、こんにちは。こんばんは。

明日は冷え込んで僕の地元では12月上旬の寒さとなるらしいです。
…完全に冬という訳ですね。

明日はとうとうブーツで出勤する事になりそうです。
あと、アウターも冬物必須ですね。
後で用意しておきます。

折角冷え込むのでロードバイクに乗る際に
真冬用のウエアを着用して走ってみようと思います。
イメージ 1
安い品ですけど、サーフィンで着用する
ウェットスーツみたいな素材感です。それより薄手ですけど。
足首部分のジッパーテープがデジカメのフラッシュで反射しておりますね。
安全面でも万全です。多分。

今日もレザークラフト進行状況報告を致します。
昨晩は大して作業が進みませんでしたが
イメージ 2
札入れ内側部分に切れ込みを入れてマチを作りました。
(青い矢印部分です。左右に作りました)
これでお札を取り出す時に若干スペースが生まれる…はずです。 

で、気になるのが右側部分だと思いますが
イメージ 3
青い四角部分(当然、コインケースと札入れが面している部分側)を
糊付けをしました。

で、完全に接着されるまで固定しておきたいのですが
クランプ用のクリップでは接着した場所に届きません。

そこで僕が考え付いたのが
割り箸を使ってクランプ・固定させておく方法です。

…何となくレザークラフトを始めた頃に思いついたのですが
ウォレットの長い部分を接着するときに
何か良い方法はないのかなぁ~と。

割り箸なので素材的に固く無く革にも優しいですし
ある程度の力が加わっても壊れませんので
1日くらいはほどよく固定し続けてくれます。

で、この後は青い四角部分近くをステッチ穴を開けて
四角く縫製してコインケースを札入れ内側と固定します。
そしてコインケースの外周部分を縫製します。

工程よりも革の接着が乾いて固定されるまで待たなければならないので
それが意外と地味にレザークラフトで時間がかかる理由です。

まぁ、待ち時間に他の作業を進めれば良いのですけど…
何となく1時間くらいで接着される気がします。
でもレザークラフトを行う時間は毎日1時間が限度なので
結局接着した部分は1日放置してからの作業となる訳でございます。   

この記事へのコメント