ブログネタの無い時は

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日のニュースで見た天気予報では
これから南岸低気圧がやってきて僕の地元でも雪の範囲に入っておりました。

1年に1回くらいは雪が舞うのを見る時がございますが
過去に雪が積もったのは…20年に1回くらいの割合です。

さて、連日お伝えするのも恐縮ですが
年末年始は祖母が入院していた事もございまして
お正月に買い物に出かけられたのは1日だけでした。

そしてこの1週間は特に外出しておりません。

なので、散財報告する事も無く
ブログでお伝えするネタも無く悩んでおりました。

で、ふと思い出しました。
こういう時こそ、リサイクルショップで購入して
買ったままの紙袋に入ったまま未開封のシルバーアクセを出して
ブログでお伝えしよう!と。

そういう買い物も如何なモノか?と思いますが
今回ばかりは助かります。
イメージ 3
という事で、PCのモニター近くで一番手元に近い袋を取り出しました。
触ってみると…指輪が2個入っているみたいです。

裏の画像は撮影しておりませんが
紙袋はテープで閉じたままです。
お店の名前の入っているテープなので撮影しませんでした。

では、早速開封して出してみましょう!
衝撃を受けました!!
完全に忘れ去っておりました!!!
イメージ 4
紙袋の上から解った通りのリングが2個です。
イメージ 5
まずはコチラ、トリコロールカラーにアンカーデザインの入った
「BLUEBLUE」のシルバーリングです。

トリコロール部分は七宝で作られています。
七宝部分は細かい傷が多いのですけど中々良いデザインのリングだと思います。
イメージ 6
「BLUEBLUE 925」の刻印が入っております。
サイズは15号くらいです。

紙袋から出して買った記憶が蘇りました。
リサイクルショップのガラスケースの中にあっても
BLUEBLUEのモノだと解りました。

でも僕にとって問題なのはコチラのリングです。
イメージ 1
モルガン銀貨を加工して作られたリングです。
本当、何を購入したのか完全に忘れ去っているというのは恐ろしい事で
年末年始に何となくネットで銀貨を加工して作られた
シルバーリングの事を調べていたりしたのです。

…手元にあるじゃん。
しかも、キーボードを打つ左手の横10センチの場所の
紙袋に入ったままで…
イメージ 2
リング内側にコインの年代「1921」が見えます。

このコインリングは銀貨に穴を開けて
その形状を保ったまま加工・打ち付けて指輪形状にするものでは無くて
リングの一部にろう付けした後があります。

上の画像だと時計の4時部分くらいの場所がその箇所です。

いや、ひょっとしたらサイズ調整の為に
コインを叩いてリング状にしてから、ろう付けしたのかもしれません。

コインリングは思っていた品より薄手で(厚みが無い)
本物なのか?判断出来なかったのですけど買いました。
その記憶が蘇りました。

BLUEBLUEのリングも、コインリングも
購入金額をスッカリ忘れておりますが
確かコインリングの方が高かった記憶がございます。

BLUEBLUEが2500円くらい。
コインリングが3500円くらい…だった気がします。
記憶が曖昧なのは高価な買い物の金額は覚えているのですけど
3000円前後の品は正確に覚えていないです…

そして、おそらくですけど多少はセール割引になっていた…と思います。

あ、本当に今思い出しましたが
手書き散財ノートがありました…出してチェックしてみます。

最後の買い物が11月27日で終わっているのが怖いのですけど
(その日付以降も買い物しまくっているハズなので)
実はブログでお伝えする買い物は後々になる事があるので
リサイクルショップで買い物した品を
ノートに手書きしてメモしていたのです。

几帳面ですねぇ…1か月以上放置してますけど。

今回の買い物もメモしてありました。
日付は9月18日ですね。買ったお店は覚えています。

ただ、購入金額ですけど別にセールで無く
BLUEBLUE リング 2480円
コインリング       1480円

と記してありました。

うぅむ。
BLUEBLUEの方は合っていましたが
コインリングの方が全然安かったのですねぇ。

3480円で購入したと思っていたので少し得した気分になりました。
(結果的に得はしてません。お得な気分という程度です)

あぁ…11月に買い物・散財ノートのメモが止まっていますけど
祖母が入居型介護施設に入ってからの時期と一致しておりますね…

買物をメモしている場合でも無かったのかなぁ…
稲フェスの買い物のメモも記してませんでした。

まぁ、気を取り直して
今回みたいに自分で思い出せない買い物も
書き記しておくと多少は役立つ事もございますので
これからは気を取り直して散財をメモしていきます。

散財を止める…という考えは、残念ながら無いみたいです。  

この記事へのコメント