ミリマグ


皆様、こんにちは。こんばんは。

バレンタインデーですが、特に何もございません。
何となく関連しそうな食品関連アイテムをサイトにアップしました。

食器、ファイヤーキングのマグカップなのですけど
たまに気になるのはブログをアップする際に
カテゴリ項目の分類を何にすべきなのか?と悩みます。

一応、ファイヤーキングは地元の古着屋さんで購入しましたので
「古着」の項目に入れておきます。

前にファイヤーキングをアップした時に
「古着」を選んだのかすら覚えておりませんが。
コチラの「THE MARINES」のリブドスタッキングマグです。

購入した時の事は何となく覚えておりますが
地元の古着屋さんがアメリカ仕入れに出かけた際に入手した品で
何個かあった中の綺麗なモノを選んで購入してきました。

4000円前後の金額だったと記憶しております。
その古着屋さんは東京等のファイヤーキング専門店より
安価で販売してくれるので非常にありがたいです。

アメカジ好きな人間はミリタリーアイテムも好き…なハズなので
僕も例外無くミリタリー関連のファイヤーキングを見つけた際には
手の届く金額であれば入手するように致しております。

まぁ…いつもの事ですが
このファイヤーキングを購入したのが2015年の10月らしく、
購入して画像撮影してからサイトで紹介する事も無く
マグカップもガラス棚に収まったまま使っておりません。

普段使いのファイヤーキングはせいぜい3個で足りております。
じゃあ、何個も買うな…という話になりますが
物欲回路がとうの昔に壊れているので
何個でも買い続けてしまうのは仕方無いのです…

それでも、最近はファイヤーキング入手率は下がっています。
この1年で1~2個しか増えていない…ハズです。多分。

そういえば、今回サイト作業を行っている際に
一つ気になった事がございました。
今回紹介したマグカップの底面ですが
「OVEN PROOF」の下の数字が「22」と記されております。

製造型番、製造工場らしいのですけど
気になったので自分のサイトで紹介しているファイヤーキングの
スタッキングマグの底画像をチェックしてみました。

すると意外だったのですが
10個は所持しているスタッキングマグの同タイプ刻印で
同じナンバーの刻印のマグがありませんでした!
全部、バラバラの数字なのです。

1個くらい同じモノがあっても良さそうなのですが。
(見落としているのかもしれませんが)
今更ながらの新たな発見でした。
ちなみに、僕が所持するフッテッドマグと呼ばれるコチラの刻印は
なんと「3」が逆に刻印されているのです!!!

うぅむ…珍しい。
と思っていたら、先程ファイヤーキング刻印の事を
掲載しているサイトをチェックしてみると
逆刻印の品はプレミア価格のモノもあるらしいです!!

おぉ…偶然入手した品ですが(同じ古着屋さんで買っています)
本当に貴重品だったのですね。
このマグに価値があるのか?解りませんが…

ガラス棚の一番奥の方に収まっていたので
ひょっとしたらソレを知って
使わずに大切に保管するようにしたのかもしれません。

つまり、逆刻印のファイヤーキングを所持していた事すら
今の僕は完全に忘れ去っていたという証明でございます。

一応解説させていただきますが
ファイヤーキングの裏の刻印で製造時期がハッキリと判明するのです。

でも、生産数が極端に少ない品で無い限り
古ければ高額という訳ではございませんし、
今回紹介した数字・ナンバーに至っては
価値に何も影響はございません(逆刻印除く)

皆様がファイヤーキングを購入する際には
大昔の品なのか?という年代判別を気にするくらいで
あとは好みの色・形状・プリント・コンディションを重視すれば良いと思います。

僕が所持する一番貴重なファイヤーキングは…
311後の地元の大地震で棚から落ちて割れました…悲しいです。   

この記事へのコメント