VF-25

皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日は非常に冷え込んで雨が降りましたが
今朝、車を運転しているときに雲の隙間から近くの山の山頂部分が見えて
雪がかなり積もっているのが確認できました。

明日は晴れるらしいので
雪が増えた富士山を見るのが今から少し楽しみです。

昨年末の買物…だったと記憶しておりますが
地元のおもちゃ屋さんでプラモデルを購入しておりました。
コチラです。
イメージ 1
「マクロスF(フロンティア)」に登場する可変ロボットの
「VF-25 ファイターモード アルト機」です。

パッケージの年号を見て驚きましたが
2007年と記されていたので…10年前の作品なのですね。
定価の半額だったので購入してきました。

マクロスのプラモデルの記憶を遡ると
学生時代に「マクロス7 ファイヤーバルキリー」を作ったのが最後で
その前になると普通の「マクロス」の
バルキリーのプラモデルを作ったのが…小学校低学年の時ですね。

あまりマクロスのプラモを作ってこなかったのですが
普通にオモチャ・完成品のバルキリーを購入していたので
自分で作ろうとは思いませんでした。
イメージ 2
このプラモの箱自体はかなり薄くて
ガンプラHGシリーズの半分以下の厚さしかないのですが
中を見ると…ランナーが3個しかありません!!

デカールで隠れて見えないガンポッド(武器)の分もいれて3個です。
最近作ったTHE-Oでも12個くらいはあった記憶がございます。

更に最近発売されたディープストライカーに至っては
ランナー数が35個くらいです…凄いなぁ。

まぁ、そんな多いパーツを切り外して組み立てるだけでも
とても時間がかかってしまいそうですが
ランナー3枚のコチラのVF-25は簡単に作れそうです。
素組みならデカール貼りを入れても1~2時間で作り終えるでしょう。

実は、このVF-25は製作実験のテスト機とさせていただくので
僕が作って完成させるには少しだけ時間がかかりそうですが 
たまにはガンプラ以外の、こういった戦闘機モデルを作るのも
悪く無いな~と思います。

変形しませんけど
マクロスの劇中では割とファイター形体で登場する場面が多いですし
見た目もカッコいいな~と放送時から思っておりました。
 
あ、Zガンダムと同じ事が言えますが
変形するロボットプラモデルは…強度に問題が発生するので
普通に作って飾るだけならばファイター形体で充分です。

コチラが今後、製作するプラモの候補の一つです。
おそらく…近々手をつけます。 

この記事へのコメント