エアブラシセット メテオ

皆様、こんにちは。こんばんは。

体調が良くなってきているので一安心です。
でも油断できないので体を冷やさないよう厚着しているのですが…
正直、暑苦しいです。

約1ヵ月前の買い物報告なのですが
イメージ 1
とうとう、ガンプラ制作用のエアブラシセットを購入してしまいました。

「AIRTEX(エアテックス)」社の
「エアブラシワークセット メテオ」という商品名です。

ネットで探すと格安エアブラシセットも見つかるのですが
地元のお店でも取り扱っているコチラを選びました。

約1万円です。
今の時代はエアブラシとコンプレッサーのセットが1万円で買えるのですねぇ。

エアブラシを購入した最大の理由は
全塗装でガンプラを仕上げたい!
というよりも「RG Zガンダム」制作過程で
スプレー缶の艶消し塗装を失敗して(白化のムラが出てしまった)
それが原因で5年以上ガンプラ制作を止めていたのです。

最近になってようやくガンプラ(リハビリ制作)を再開して
「エアブラシで艶消し塗装を行いたい」と思ったのがキッカケでした。

まぁ…後々、スグにでも全塗装を試してみたくなるでしょうけど。

購入して約1ヵ月、未だに使っておりませんが
それには理由がございます。

まず、艶消し塗装する元となるガンプラを作っていない…という単純な理由です。
これはようやくですけど用意できそうです。

そして…何というか
購入して2日後に、塗装しなくても試しに開封して
接続してエアブラシを空噴きしてみようと思ったのです。

空気だけ出してみようかな~と。
イメージ 2
セットはこんな感じです。
エアブラシとコンプレッサーの接続は
チューブを無理矢理繋げる…という中々強引な仕組みでした。
金属ネジパーツで繋げる訳では無いのですね。
イメージ 3
指でぐりぐりとねじり込んでチューブを繋げました。
アダプタを接続して電源ボタンを入れると
少々音が大きめですがコンプレッサーが起動して
エアブラシからエアーを出す事が出来ました。

おぉ…一応昔、エアブラシを使った事があるので
驚くというより懐かしいですね。

ネットで探すとこれより安いエアブラシセットもございますが
コチラのコンプレッサーはボタンを押して
エアーの強さを3段階調整できるので
いざという時、コチラの方が便利だと考えて選んだのです。

では、早速ボタンを押して
エアーの強弱がどうなるのか?試してみましょう。

ストン。

コンプレッサーが止まりました。

オカシイなぁ?
もう一度試してみます…
何度試しても、一番強い(電源ON直後)の状態から
エアーの調節ボタンを押すとコンプレッサーが停止してしまうのです!

おぉぉ…まさかの不具合発生とは…

流石にエアーの強弱が使えないと意味がないので
購入店舗、その後に製造メーカーに電話してみると
「基盤の初期不良ですね」とアッサリ答えが判り
着払いでメーカーに送り、そして修理を終えて戻ってきたのでした。
この間が1週間くらいありました。

しかし、購入して2日後に実際に試してみよう!と思って良かったです。
いつもみたいに「買ったまま放置」していたら
保証期間内の無償修理が出来ませんから…
(一応、保障期限は1年ありますけど)

とい事で、ブログのネタに困らないトラブル発生となりましたが
僕自身のテンションが下がってしまい
しばらくの間はエアブラシを使う気力が無くなってしまったのです。

明日から(今後の)ブログにてガンプラ制作するために
エアブラシ塗装に必要な、用意した品を紹介していきます。
イメージ 4
あ、少し前にコチラの
「マクロスF VF-25 ファイター」のプラモデルを紹介しましたが
それはエアブラシ全塗装制作の実験台として用意した訳でございます。

今後のプラモ制作がどうなってしまうのか?少し楽しみです。

この記事へのコメント