VF-25ファイター継ぎ目消し

皆様、こんにちは。こんばんは。

そういえば、明日からGWみたいですね。

新聞広告も沢山入っておりましたし
お昼に立ち寄った大型ショッピングセンターでも
GWセールが開催されておりました。

その中のGUもセールがはじまっているみたいだったので
前にチェックしていた
レディースサイズの(Sサイズ体型の僕には着用できる)
エヴァンゲリヲンコラボのウエアの前で
購入するかどうか?真剣に悩みました。

買わずに帰りましたけど…
気が変わったら、もう一度出向いてGETしてきます。

本日はボチボチと進めている
「マクロスF VF-25F ファイター」の
作業状況をお伝えします。
イメージ 1
パーツは全て切り外して(途中、アンテナを折り)ゲート処理を行い
接着が必要な部分は終わったので
「マイクロセラブレード (セラミック刃の便利アイテム)」と
「スポンジ布ヤスリ」を使って合わせ目・継ぎ目消しを行いました。

今までガンプラは素組みで終えていたので
接着しても継ぎ目まで消すことはしませんでしたが
今回はエアブラシを使ってマジメに塗装を行うつもりなので
作業工程はモデラーさんと同じように進めております。
イメージ 2
基本的にコチラのファイターは上と下面で別パーツになっていて
バトロイド(ロボット形体)時の足パーツも
後から取り付けて接着する部分となります。

機首部分は完全に合わせ目が見える部分でしたが…
それなりに巧く継ぎ目が消えているみたいです。
イメージ 3
機首の先端部分はあとから取り付けるだけなので
その部分は継ぎ目消しは適当に済ませているので
接着剤がはみ出して残っている部分がございます。
イメージ 4
機体後方のノズル(足パーツ)付近です。 
横の部分に薄っすらと合わせ目が見えておりますが
ツメで触っても段差がほぼ無い状態に削っております。

ノズルパーツ内側とウイング部分内側は…コチラも見えない部分なので
継ぎ目消しの接着剤が盛り上がって残ったままです。

前回製作した「HG THE-O」よりも接着剤を多く塗りつけたので
THE-Oよりも巧く合わせ目を消す事が出来ました。

現時点で作業工程はここで終わっております。
今週末に時間があればサーフェイサーを吹き付けておきたいです。

で、コチラのVF-25Fですが
大きさ的にはガンプラ1/144スケール相当です。
小さいし、パーツ数も少なくシンプルですが
アニメに登場するファイターとしては出来が良さそうだと思い
入手して作り始めましたが…

作業を進めている途中で、一つだけ懸念事項が出てきました。
イメージ 5
エアブラシで全塗装するつもりでおりましたが
ファイターの上面中央付近(バトロイドだと胸部分)の色分けが
割と複雑な構造だと気付いたのです…
イメージ 6
黄色い矢印部分です。
上の画像だと21・22の「くの字」の大きな赤・黒デカールです。

この形状にモールド(装甲の合わせ目・筋)が付いていると思っていたら
モールドが全く無いので…マスキングするとなると
自分の感覚を頼りに、この形状を作らないとなりません…

まぁ、コチラのデカールを紙に写して
それを重ねてマスキングテープを切り抜けば
手順としては綺麗にマスキングできそうですが…

何しろ、エアブラシで全塗装を行うこと自体が初めてなので
当然ですが細かいマスキングを行うのも初めてでございます。

この部分だけシールを貼るとしても
他に塗装する赤の調色が巧く(同じ様な色合いに)出来るとは限りませんし…

悩んでいても仕方ありません。
エアブラシ全塗装が初めてなのですから失敗しても止むを得ませんし
細かい色分けにマスキングも上達の為の練習ですので
とりあえず、今回は色を塗る必要がある部分は
自分で塗装を行ってみます。

果たして、どうなるのでしょうか??    

この記事へのコメント