光の結晶体 素組み

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日も夕方、大雨警報が発令されました。
多少は涼しいのですが自宅内の湿度が凄い事になっているんで
家中を締め切って…エアコンを駆使して除湿しております。

経済的ではないのでしょうけど
カビが生えまくって、それを除去する苦労より遥かにマシでございます。

さて、お盆期間中ですが
全くガンプラを作っておりません。
意外と時間を設けることが出来ませんでした。

「RG サザビー」を購入しておきながら
説明書を眺めて「意外と簡単に組めそうだな~」と甘い考えを持ち
「全塗装は面倒だろうな~」と手を出せずにいるのです。

そのRGサザビーが発売される数日の間
ガンプラを作る時間があったので(この時は)
プレバンで発売が決定された
「HG ユニコーンガンダム 光の結晶体」を作る事にしました。

一応、素組みですけど完成したので紹介します。
イメージ 1
ユニコーンガンダム本体とラメ入り専用台座(付属品)だけ組み立てました。
一応、通常のユニコーンガンダム(覚醒版)を組むことが出来るので
この本体がパールカラーのユニコーンガンダムを作る為に
購入しても良いと思います。

ですので、通常版のパーツと武器一式が残りました。
面倒なので作りません…
イメージ 2
ゲート処理をデザインナイフで綺麗にしただけの組立て作業です。
爪で擦って段差・抵抗が無いくらいには削ってあります。

結構、細かいパーツが多いので作りがいがあって面白かったです。
ユニコーンガンダムってこういう構造なんだな~と勉強になります。
イメージ 3
少し前のブログで紹介しましたが
100円ショップの偏光パールマニキュアで
光の結晶体のクリアパーツの装甲部分だけ塗装しました。

赤い矢印で記しておきましたが
思ったよりもグリーンの色合いが濃くて見分けやすいですね…
イメージ 4
下地に白塗装を行ってから塗れば、また違った色合いになったのかもしれませんが
まぁ…その一手間すら省略致しました。

本気で塗装するなら
手持ちのパールカラーにクリアグリーンを混ぜて
塗装しても良かったのですけど…

でも、偏光パールの名の通りに
写真の角度でボディカラーのパールよりも光沢が出てますね。
 
これはコレで良しとします。
イメージ 5
ラメの入った専用台座(アクションベース5)が付属しています。
コチラは通常版を作ったことがあるので特に苦労せずに組み立てましたが
手間取ったのはユニコーンガンダムの足を設置した状態で
支柱でも支えるようにする調整でした。地味に時間がかかりました。

横からの画像を撮影してみましたが
このポジションだと足の裏が設置した状態で支柱がサポートできます。
ご参考までに。

この後はスミ入れと、光の結晶体部分を
少しだけ手を加えて完成させようと考えておりましたが
お盆期間中はお客さんが自宅に来るかもしれないので
塗装を行うのは止めておきました。

家の中が溶剤臭いのも失礼でしょうから…

いや、お線香を炊くから
室内で塗装を行っては絶対にイケマセンね。火気厳禁です。

この記事へのコメント