HG Zガンダム3号機 初期検証型

皆様、こんにちは。こんばんは。

先程、PCの前に座ると蚊が飛んでいるのを確認しました。
でもすぐに見失ってしまったので
暫く何もせずにおりましたが
ふと、右手手首の辺りに何かが触れたような感覚があったので
確認すると…蚊が乗っておりました!

すかさず左手で右手を覆うように叩くと…無事退治できておりました!!
よかった…一安心です。
これで夜中、蚊の飛ぶ音で目を覚まさずに済む…

と思っていたら、もう一匹蚊が飛んでいるのを確認しました!
まさかの2匹来襲とは…想定外でした!!

なので、流石に殺虫剤を撒いて
リキッドタイプ蚊取り線香を使っております。

でも、まだ飛んでますねぇ…目の前をウロチョロしてます。

さて、少し前の買物の話ですが
ネットオークションで気になっていた品を入手しました。
イメージ 1
ガンダムベース限定
「HG Zガンダム3号機 初期検証型」を入手しました。

そこまで高い金額で購入した訳では無く
送料込みで、定価プラス千円未満だったので買ってもいいかな~と判断しました。

少し前にZガンダム・クリアカラーを購入したとお伝えしましたが
それより前にコチラの3号機を買っていました。
伝える順序が逆ですねぇ。

クリアカラー版はHGUC旧キットで
コチラの3号機はリバイブ版のZガンダムになります。
イメージ 2
RGとMGのZガンダム3号機を所持しておりますが
初期検証型はカラーリングパターンが若干異なります。
イメージ 3
中身のランナー画像です。
紫の色合いがイメージより若干濃いな~と思いました。

一応、エアブラシを所持しておりますので
通常販売されているZガンダム・リバイブ版を購入して
この色合いに塗装すれば良いだけ…という気もしましたが
僕の未熟な塗装技術では大変そうだと思ったので
製作する際にはキットに所持するデカールで色分けを対応してしまう…
かもしれません。

イメージ 4
コチラはガンダムベース限定商品なので
ガンダムベース限定の台座が付属しております。

しかし、限定の台座とはいえ支柱等がある訳では無く
ただZガンダムを立たせるだけ…の品です。

これでは不安定で、結果的にアクションベースを使った方が
ディスプレイさせる際に安定するのでは?と思っておりましたが
実は、少し対処するだけで限定台座を活用できると分かりました。

その方法というのが、先日地元のオモチャ屋さんのプラモコンテストで
リックディアスを展示して貰ったときに
自ら考え付いた方法です。

リックディアスはスカート(腰裏パーツ)が大きくて
足が地面に設置した状態でアクションベースを使うことが出来なかったのです。
昔のキット故の不便さでした。

一応、リックディアスは足裏が大きいので
それなりに安定して立たせる事が出来たのですが
万が一でも倒れたプラモを店員さんに直して貰うのも迷惑だよなぁ…
と何か良い方法が無いかな?と少し考えた結果
100円ショップで購入していた
円形・直径1センチ程のネオジム磁石を使うことにしました。
イメージ 5
お店で展示しているのを片付けるときに撮影した画像です。
黒い紙の下にアクションベース5の6角形台座が置いてあります。
(その画像がありませんが…)
そのアクションベースの裏側に磁石を貼り付け(マスキングテープで)
リックディアスの足裏パーツの内側にもネオジム磁石を入れたのです。

位置を調整して貼り付けたので
上の画像の状態のまま足裏が台座とシッカリと固定されて
リックディアスが保持されました!

アクションベースの支柱で支えると
シッカリと固定はされるのですが
支柱が伸びる分だけスペースが嵩張ります。

でも、足の内側パーツの中に磁石を仕込んで
台座パーツの裏側にも磁石を取り付けて
簡単に立たせて飾ることが出来るのです。

アクションベースを何個も購入するよりも
108円で磁石は8個くらい付属するのでリーズナブルです。

話が随分とそれましたが
ガンダムベース限定台座も磁石を仕込めば
実用性のあるパーツとなるのですね。

しかし、Zガンダムは背中のテールバインダーが重くて
立たせていても時間経過で後側に傾いていくかもしれません…

まぁ、とりあえず今の僕は
このZガンダム3号機を作る時間が無いので(他のガンプラ製作中)
製作に取り掛かるのは随分後になりそうです。

この記事へのコメント